チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
・IIDX ID「5131-8727」、LR2ID「011051」
・艦これ:鹿屋基地 提督名「衿夜」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

DBZ3廃プレイ

何ていうかあんな長時間プレステ2稼動したのは久しぶりだ。
朝から晩までず~~~~っとやってたからなぁ…。でもやっぱり楽しいね。

とりあえずプレイ状況だけど、ドラゴンユニバースモードは全キャラ終了。
隠しキャラを出現させる為にあるキャラで何度かやる必要があるけど、前作のドラゴンワールドよりストーリーがサクサク進むのが良い。
ドラゴンワールドは何かすごろくみたいなシステムでストーリー進行がホントたるくて何度もやってられんかった。
それに比べて今回はよっぽどマシだね。敵は一回倒すだけで済むし、やられても即コンティニュー可。親切仕様でありがたい。

隠しキャラの方は、まだコンプリートでは無い。
最初使えるキャラは、悟空(大人)、悟飯(幼年期)、ピッコロ、クリリン、天津飯、ヤムチャ、ラディッツ、ナッパの8人。
とりあえず俺が出したキャラを紹介するけど、ネタバレになるんで一応反転させておきます。見たい方はCtrl+Aでどうぞ。
悟空(少年)、悟飯(少年期、青年期)、悟天、ベジータ、トランクス(少年、大人)、グレートサイヤマン、ミスターサタン、界王神、ビーデル、ギニュー、リクーム、ウーブ、フリーザ、人造人間16号・17号・18号、ドクターゲロ、セル、ダーブラ、魔人ブウ(デブ、バカ、チビ)、クウラ、ブロリー、バーダック、超一星龍。
あとはセルJrと栽培マンがまだだが、すぐに出てくると思う。

キャラの出現法については、当サイトは攻略サイトでは無いので割愛させて頂きます。予めご了承下さい。

バトルシステムについては、前作、前々作に比べて戦術性がかなり強化された。
その最たる物が見切り及び見切り攻撃だろう。
相手の攻撃が当たる直前に、相手のいる方向ボタンと×ボタンを同時に押す事により、一瞬にして背後に回る回避技。見切った後すぐに×ボタンを放すと見切り攻撃になる。
気力ゲージを3本も消費するが、見切りは攻防の流れを掴むのに重要な役目を果たしているので、俺から見れば等価に値すると思う。
守から攻への一転は対戦相手の精神を揺さぶる事において重要なウェイトを示す。
プレッシャーを与えられた人間は、常に冷静に行動している人を除けば大抵同じ行動に出るのが特徴だ。その行動パターンさえ読み取ってしまえば対処は容易い。
DBZ3の戦闘はテクニックもそうだが、お互いの行動を読み取る心理戦でもあるのだ。
まぁ上記は対人間に限って言える事ですけどね…対CPUとなると見切り攻撃にさらに見切り攻撃をかましてくるからなぁ…。

さて、これからの事だが天下一武道会でも制覇しようかね。
戦闘技術を磨くだけならただの対戦だけでもいいが、スキルを買う為に金がいるからね。
まだスキル取得率は34%なんで、これからどんどん獲得していこうと。