チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
・IIDX ID「5131-8727」、LR2ID「011051」
・艦これ:鹿屋基地 提督名「衿夜」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

「 2012年12月23日 」一覧

はまち 6巻 感想

久々にラノベ感想でも書いてみる!!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 6巻

元々面白いんだけど、今回は特に面白かったので思いを書き連ねてみる。

この作品の何がいいかって、そこらのハーレム系ラブコメ主人公と全く違うタイプなのがいい。
だから6巻になっても未だに飽きないし、むしろどんどん面白くなっていく!
通常だったら4~5巻ぐらいでもうマンネリしちゃうのにね。

主人公の比企谷八幡の魅力をズバリ書いちゃうと
とことんヒール役に徹するということ。
事態を解決する為には、自分が悪役となればいい。
俺だけが傷つけばそれでいいと自ら汚名を被り、しかも誤解を解こうともしない。
別に嫌われたままで構わないという徹底ぶりがもう魅力的すぎる。

一般的ラブコメ主人公は、女の子達の好意に全く気付かず、
好意を表すような言葉をかけても「え?なんだって?」と
何故か聞いてない事が多く、そこらへんがイラッとするのだが
人間観察に長けた八幡は全く逆で、むしろ人の気持ちに超敏感。
だけど「こんな自分には魅力がない」と、人を拒絶してしまうというタイプなんだよねー。

セルフイメージが最低だけど、そんな自分を受け入れ、前向きに行動する。
彼は俺の理想とするカッコイイタイプの人間なんだよなー。
そして考え方が俺に非常に似ている。物凄い共感できてしまう。
だからこそここまで魅力的に感じるんだよ。

この6巻の学園祭編で、周りの人間をほとんど敵に回し、「最低」「クズ野郎」と罵られる。
しかしその行動の真意は、自分という敵役を作ることで、周りの結束力を上げた。
その結果、学園祭を成功に導いたという功績を作った。
なんだか可哀想で報われない話だけど、それを平気で受け入れるんだよなぁ。

そしてヒロインズもまた魅力的!
クール美少女ゆきのんも、アクティブなゆいも超いいキャラ!
八幡の影の努力と本当の魅力に気付いて、惹かれ始める描写が秀逸!
これを見ただけでまだ救いがあると思ってホッとする。
だけど八幡も敏感だからその想いには気付きつつも、
「俺なんかを好きになってはいけない」と端から拒否の態勢だわ。
あー本当に俺そっくりだなぁ。俺も結婚前の嫁に対してこんな気持ちだったわ。

静先生の「お前が傷つくことで、傷ついている者がいることをそろそろ気付け」
みたいなセリフを聞いて、本格的に話が進んでいくんだろうなぁと思った。
どういう風に物語が展開するんだろうか。考えただけでぞくぞくするわ。

ギャグやパロディネタも面白いし、マニアックすぎる地の文も面白いw
たこやきマントマンとか発明BOYカニパンとか、一体何人が知ってるんだろうか。
20代後半以降のアニオタじゃないとついていけないんじゃないのか。

というわけで熱をこめてレビューを書いた。
いやーねー、今まで読んだラノベの中で間違いなくTOP5に入るぐらい面白いんだよ。
それぐらい今自分の中ではこれがイチオシです。