チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
・IIDX ID「5131-8727」、LR2ID「011051」
・艦これ:鹿屋基地 提督名「衿夜」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

「 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 」一覧

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 12話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話(最終回)「蒼穹ニ響ケ」

ホプキンス大佐の目的はローマ帝国と戦争を起こすことか!
ヘルベチアとローマは和平交渉をしようとしてるじゃん!
その為にアーイシャをダシにするとかとんでもねぇオッサンだな。
「見えない死神」の実験で大量のローマ人が死んでいった時も大佐は笑っていたという。
ラスボスはコイツかよ。

大佐を止めなければ戦争になってしまう!
その時カナタは遥か遠くからの停戦指令の合図のラッパを聴きつけた。
これがまさにグッジョブで、フィリシア達が動くきっかけとなる。
フィリシアが取った行動とは、まずホプキンスを拘束。
普段は温厚なフィリシアからは想像できないほどの大胆な行動だ。
軍人より主婦の方が似合うだろと思ってたが、やっぱフィリシアは軍人だわ。

なんか見てると兵士は戦争したくないような雰囲気なんだよね。
そりゃーできる事なら戦争は避けたいと誰もが思っているはず。
ただ司令官があのホプキンスなので渋々従っているような感じだ。
そのホプキンスは脱走し、兵を進軍させる。開戦が間近に迫る!

さぁタケミカヅチが行くぞ!戦争を止める為に行くぞ!
攻撃を受けて機体にダメージを受けようが進む進む!
というか集中砲火だった。あれ大丈夫なの?
普通のアニメだったら爆発してもおかしくないレベルだ。
タケミカヅチはそんなに丈夫な機体なのか。

開戦地に辿り着き、すかさずカナタが停戦のラッパを吹く。
だが止まらない。一体なんの為のラッパだ。ラッパの合図は絶対じゃないの?
誰が吹けばお前らは止まるんですかwww

カナタが次に吹いたのは「アメイジング・グレイス」だった

すると皆ラッパの音色に耳を傾け、進軍を止めた。
こ、これはどういうことっすか!
みんなアメイジンググレイス好きなの?
いやいや、それだけでは片付けられないだろう。
何か特別な意味を持つんだろうなー。
困ったときはアメイジンググレイス吹けば万事解決!
軍最強はラッパ師だ。

皆が聴き入っている中、赤い戦車を率いる軍隊が登場。
出てきたのはリオだ。
ヘルベティア共和国大公位第ニ継承順位にして正統ローマ帝国皇妃として、
和平交渉が成立したことを伝える為にやってきた。
おいしいところを全て持っていきやがったぜリオ!
お姫様自らお出ましである。こりゃひれ伏すしかないな。

そんなわけで戦争は回避された。声を挙げて喜ぶ兵士達。
割とありがちな展開とはいえ、ハラハラさせられたんで楽しめた証拠です。
戦争の危機、アーイシャがノエルを許す所、アメイジンググレイス、
どれもいい演出だったと思います。
もうちょっと早くシリアス展開をやってもよかったかな。
まったりした期間が長すぎた。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 11話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第11話「来訪者・燃ユル雪原」

カナタとクレハが雪原にて倒れている人影を発見する。
人影の正体は敵国のローマ帝国の兵隊だった。
とりあえず傷の手当てをする為、砦に帰還。

敵兵ってことでクレハは警戒心バリバリだ。
本来ならこれが正常の反応かもしれない。
カナタはこう軍人としての自覚をだな…ってラッパ師を目指してたんだっけ。
フィリシアは隊長らしく、最適な行動を選択している。
危害は加えないけど逃がしませんよって感じだ。

ノエルはローマ兵と知るや、人が変わったかのように親身に接する。
途中の回想でノエルはローマ兵に対して大きな罪を犯したような事が描かれていた。
隔離された部屋、実験施設、倒れている多くのローマ兵。
これは…何かの実験か…。そしてノエルはそれに関わっていたと。
ノエルの行動はローマ兵に対しての贖罪なんだろうな。

ローマ兵が目を覚ましたと思ったらお前女だったんかい!
ぜってー少年兵だと思ったよ!外見って怖い。
しかもなかなかナイスな胸もしてやがる。隊長公認ですよ!
そのローマ兵は異国語を喋ってたがあれはドイツ語らしい。
字幕も出ないもんだから何言ってるのか全然分からない。
おっと、ドイツ語訳してくれた実況民がいたぞ!グッジョブ!

アイシャと名乗るそのローマ兵は敵意を剥き出しにしていたものの、
ほんわか集団のお陰で少しだけ仲良くなる。
ラッパの音色がヘルベチアとローマ共通で感動を与えているのはいいシーンだった。
しかし戦争の被害者であるセーズの住民がそれを許すハズがない。
恐らく誰かがチクったのか、やがて第一師団の部隊が時告げ砦に押し寄せてきた。
大佐がウッザそうな輩だ。ノエルの回想に出てきた人物で真っ黒なヤツだ。

ノエルに対するアイシャの「見えない死神」発言。
トラウマを掘り起こされたノエル。
機動隊に見つかってしまったアイシャ達。
そしてローマの大軍がノーマンズランドに侵攻してきたという報告。
もうトラブル続きだ!戦争…戦争が始まっちゃうぞ!
しかも次回で最終回だって?この状態でどう決着つけるんだ…。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 10話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第10話「旅立チ・初雪ノ頃」

今回は大量のセリフで一気に畳み込んできやがった!
雰囲気を楽しもうとして流し見すると全くついていけなくなるぞw
自分も最初流し見していたんだけど、
なんか凄く重要な事を言ってるのに気づいて慌てて巻き戻しました。

というわけでリオに関する秘密です。
リオは父親から電話がかかってきて以来ずっと悩んでいた。
前回は台風の所為でそれどころじゃなかったが、今度こそ!

リオから貰った楽譜にイリヤ皇女殿下の名前が書かれていたのがヒント。
山奥に暮らすジャコットおばあさんとの話を通じて明かされる。
この婆さんとなんか関係あるのかと思ったら、リオの母と境遇が似てるって事なんだね。
話の中で、自分のことのように激昂するリオがそれを物語っている。

それらしき伏線を張っていたけど、リオは皇族家の一人だった!
リオの話にあった腹違いの姉とはイリヤ皇女殿下のことだ。
父親を憎んでいた理由は母を寂しがらせていた為だろう。
でもジャコット婆さんの体験はその人を愛しているからそれで十分。憎むことはないと。
ひょっとして母も同じ気持ちだったのでは?と考えたのだろうか。
まぁ全員が全員同じ考えを抱くとは限らないけど、母親を信じているのだろう。

イリヤから教わったリオのラッパが、カナタへと引き継がれる。
鳴り響くアメイジング・グレイスがまさにその演出。
いい演出だと素直に思いました。アメイジング・グレイスは反則だわ。

そして訪れる別れの時。さらばリオ!!
クレハが泣き出すタイミングが唐突のような気もするけどw
まぁリオは既に決意してたんだね。事前に聞かされていたのかもしれない。
父親の元…皇族に戻るということなんだろうか。
最終回みたいな演出だけど、もう少しだけ続くんじゃ。
このまま最後まで戦闘とかなさそうだけど…。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 9話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第9話「台風一過・虚像ト実像」

前回のリオが受けた電話の件でリオが上の空だ。
どうやら電話の主はリオの父親だったらしい。
みじん切りにされたピーマンを取り除く程のピーマン嫌いなリオが
そのまま食ってしまうことに驚きを隠し切れない!
それでようやくリオが変だと信じるクレハって…。

それにしても今日はやたらとパンツが出ている。
一体何があったんだ…これって確かテレ東アニメじゃなかったっけ?
テレ東チェックも随分と甘くなったもんだ。
それともあれはパンツじゃなくてズボンのようなものだったりするのか。
パンツじゃないからはずかしくないもん!

クラウスが来ると聞いてクレハのテンションが上がっている。
かうて「砂漠の狼」と呼ばれていた英雄なので強烈な憧れを抱いているようだ。
なんだ、てっきりクレハはおっさんフェチだと…。

激しい台風になった頃にクラウスがやってくる。
台風が過ぎるまで基地内に滞在していたが、ここで緊急事態発生。
教会のセイヤの行方が知れないのだという。

あの悪ガキめ…今度は何を…。
まさか「ちょっくら畑の様子を見に行ってくる!」という
台風時の典型的な死亡フラグだったりしてーwww
と冗談半分に思っていたら本当にそうだったので不謹慎にも吹いてしまったよ!
やべーなソラヲト!

何とか助けるものの、落石でクレハとクラウスが取り残されてしまう。
とりあえず雨風から避難するが、クラウスの様子がなんかおかしい。
フィリシアの話によると、実はクラウスは砂漠の狼でもなんでもなくて、
たまたま名前と背格好が同じなだけの別人だったのだ。
勘違いしたクレハが持て囃すので、ついついウソをつき続けてしまったという。
でもクラウスは常にクレハの英雄を演じなければならない。
そんなプレッシャーもあって、ますますクラウスを臆病なものにさせたのだろう。

タトゥーがないことでクラウスの正体を知ったのだろうけど、
それでも勇気を振り絞ってクレハを救ったクラウスは
確かにクレハにとってのミラクルクラウスだ。
ここのくだりが個人的に好きだ。
そりゃーあんなトコ見せられちゃ誰だってカッコイイと思ってしまいますよ。
これでクレハは完全におっさんフェチになったな。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 8話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第8話「電話番・緊急事態ヲ宣言ス」

ある重要任務が本隊から下された。
それは「本営直通高度緊急非常事態用司令伝達回線保守確認任務」だ。

簡単に言ってしまえば電話番だッ!!

というのは、緊急事態用に置いてある電話の回線確認の為だ。
黒電話とかまたレトロな…。
でもカナタは電話に感動しているぞ!
え?この時代に電話って珍しいものなの?
タケミカヅチというハイテクなもの持っているのに?
どういう世界だこれは…。

カナタがこの任務を担当するすることになった。
まるで新しいおもちゃを与えられた子供のようにワクテカしている。
携帯電話とか見せたら卒倒するかもしれない。
いや、トランシーバーの凄いバージョンと考えてあまり驚かないかもしれん。

というわけでひたすら電話の前で待ち続けるカナタ。
いつ電話が鳴るのか知らされていないのか…。
本部も不親切だなぁ…軽い嫌がらせとか思えん。

カナタが待機している間に巻き起こる騒動が面白かった。
おしっこしたくなった時なんかどうなるのか凄く楽しみだったよ!
いや、決して変な意味じゃないよきっと!!
どうしようもない状況をどう打破するのか見たかっただけでありまして…。
あ、そういえばアップルサイダーのビンがあるじゃないか!ここはボトラーになtt(さくj
しかしこの作品でアヘ顔とからめぇええが聞けるとは思わなかったわ。

電話は戻ってきたリオと替わってトイレに行ってる途中に鳴りました。
なんてタイミングの悪い。カナタの努力って一体…。
でも電話の内容から察するにカナタが取らなくて良かったかもしれん。

「ヘルベチアを救って欲しい!」

いよいよ急展開くるか?
雰囲気アニメのレッテルを拭えることができるのだろうか。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 7話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第7話「蝉時雨・精霊流シ」

フィリシア隊長の過去がかなり暗い…。
彼女も当然軍人であるから戦闘を経験しているわけでして…。

フィリシアが前線に出ていた時の過去から始まる。
交戦中、敵の砲撃を喰らって戦車は大破、仲間は全員戦死。
彼女だけが唯一生き残り、絶望の淵を彷徨うことになった。

地下の先で既にミイラとなっていた兵士と発見。
生存者宛てへのメッセージを残したみたいだが、
古代文字(日本語)で書かれていた為、フィリシアは読めず。
一体何年前のものなんだろうか。100年じゃ済まんだろこれ。

それよりも皆は一体誰と戦っているんだ…。
描写を見ると国同士の戦争ってわけじゃなさそうなんだよなぁ。
宇宙人?宇宙人なのか?いやいやまさかw
この様子だとこのまま語られなさそうな感じもするけど。

そんな孤独のフィリシアを救ったのは凛とした美女。
軍のおエライさんかなーと思ったら皇女殿下とかワロタwww
エラすぎんだろ、殿下とあろうお方がどうしてここに一人で来てるんですかw

回想終わって現代ではお盆の季節のようです。
日本のお盆と一緒の考え方で、日本の文化が残っていることを示している。
教会の人達もお盆を祝うようだ。結構信仰がいい加減ですね!

亡くなった戦友達を思うフィリシアを励まそうみたいな流れだけど、意外と彼女は平気そう?
リオの言う通り、単に抱え込んでいるだけかもしれない。
如何せんフィリシアがあまりにもポーカーフェイスすぎて心中察せんw
どちらにしろ心配してくれる良い隊員達を持ったものです。
万が一の事が起こると今度こそフィリシアは発狂するんじゃなかろうか…。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 6話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第6話「彼方ノ休日・髪結イ」

カナタの初めてのお給料と初めての休暇。
仕事のことも忘れて羽根を伸ばしてきてください。
まぁ普段の仕事自体が休暇に見えないこともない。
だって楽しそうなんだもん!

クレハがなんか口を滑らす前にリオに止められる。
金の出所について喋るところだったらしい。
確かにカナタのその給料はどこから出たお金なのか謎だ。
本部から軍資金を支給されないのだろうか。

んでカナタが休暇を取り、残されたメンバーは副業にでかけた。
…ま、まさか副業ってそれ?どこからどう見てもなんかの密売なんですけど!
しかもバレたら軍法会議モノだとか言ってるし、なんという!

マフィアとの取引は実は演技で、奴らを追っ払う為だったらしい。
あーでもワイン密造は本当だそうな。1121小隊に代々伝わるものだとか。
ちなみに日本の法律でも酒を個人で作るのは違法となっております。

後半はミシオの探し物をカナタがお手伝いするお話。
お買い物を邪魔されて怒るカナタではない。純情な娘はやっぱいいですね。
んでその箱がどう見てもマフィアが買ってったもので伏線ですねわかりますw
フィリシアサイドの話とカナタサイドの話が交差して双方の事件は解決しました。
こういう偶然は面白い。カナタはミシオにとってもフィリシア達にとってもヒーローだw

ミシオの箱はとても哀しいがいい話だった…。
母親の形見である箱の中身から髪留めを発見し、
母からその髪留めは一番大切にしてくれている人に結ってもらいなさいと言われており、ミシオはユミナを指名する。
ユミナがミシオの髪を結うシーンでジーンときましたよ!
そんなこと言われたら俺だって泣いちゃうわ。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 5話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第5話「山踏ミ・世界ノ果テ」

いきなりドンパチやってるー!
と思ったらシミュレーターだった。
あんな緊張感のない戦闘があってたまるかw

本隊からクラウスが物資を届けにやって来る。
クレハの反応がちと怪しい。憧れなのか恋心か分からないけど乙女の眼差しだ。
あしながおじさん的な存在だったりして。

今回の任務は監視装置の動作確認だ。というわけで国境まで。
フィリシアは遠足と言うが明らかに遠足とは程遠い状況だ。
第一軍服のままだしやったら重いリュックを背負わされるし。

というかそのリュックはマジででかすぎませんか?
「バキ総集編 戦場の詩」で自衛隊の富士山一週の訓練で
板垣先生が背負ったリュックよりもでかいぞ!
カナタ達は夜叉猿と戦いにでも行くのか。

生まれたての小鹿のように足をプルプルさせながらも何とか進み、任務をこなす。
休憩した川辺で荷物を荒らされた事もあったが、ノエルのお陰でなんとか突破。
むしろ荷物が軽くなってよかったのではw
ノエルがいなかったらリアルで遭難ですな。

ノエルが意外とユーモアある子で可愛い。
クールで無口なのに冗談を言う子ってなんかいいよね。
ひょっとして彼女は本来明るい性格なのかもしれない。
それとも前回でカナタが彼女の心を開かせたとか?

最後の装置にてフィリシア達がいた。きっと車で行ったんだろうな…。
「なに自分らは先回りしてんスか」と文句が出ないところでよく訓練された部下達だ!
この場所は部隊に入ると必ず訪れる場所らしい。
カナタ達も名前を刻んで晴れて仲間入りをするのでした。

見渡す限りの廃墟。ここから先がノーマンズランドだ。
一体何が起きたのか、説明は何もなし。これも伏線と捉えていいんでしょうかね。
作品の雰囲気に似合わない凄惨な設定がありそうな感じですわ。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 4話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第4話「梅雨ノ空・玻瑠の虹」

今回はカナタとノエルの話。
無口で青髪なキャラと聞くともういろんなキャラが浮かんでしまうから困る。
メカに詳しいから某情報統合思念体に一番近いか?

カナタとノエルは買い出しに街へ繰り出す。
1話で出てきたガラス細工に再び興味津々のカナタ。
カナタの国ではガラス細工は珍しいものだったのだろうか。
単に趣味なだけかもしれないけど。

街でシスターと再開。
ノエルにぶつかった子供は相手が兵隊と知って罵声を浴びさせる。
子供たちは戦争孤児で兵隊を憎んでいるらしい。
シスターさんちゃんと教育してくださいw
国を守っているのも兵隊なんだよって。

目的地はガラス細工工場。
そこでタケミカヅチのある部品も作っているとの事。
如何にもベテラン職人って感じの人物が出てきた。
コワモテにヒゲにガチムチのタンクトップ。
名をカールというらしい。カールおじさん!!

必要なタケミカヅチの部品はレンズなのだが、
職人の腕を以ってしても製作は困難らしい。
レンズができればノエルは笑ってくれるんですねわかります。
ノエルの機嫌は戦車次第だ!
実際、カナタがタケミカヅチの修理に貢献したら笑ったぐらいだ。

んでノエルと戦車話になるんだけど、ノエルはタケミカヅチの良さを語る。
徹夜で修理をしているノエルは相当な思い入れがあるのだろう。
カナタはノエルのことをまた一つ知ったのでした。
そしてラッパも少し上達したようで二歩は前進だ。

まったりしすぎているので「恥ずかしいセリフ禁止」とツッコんでくれる役がほしいぞ!
クレハよ、これは目立つチャンスだぞ。


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 3話の感想

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第3話「隊ノ一日・梨旺走ル」

カナタの味噌汁が美味しそう。
俺にも毎朝作っておくれ!
この味噌汁はカナタの故郷の風土料理らしい。
日本料理はきっと今でも引き継がれていることを信じるよ。

隊長とクレハとノエルが外出し、カナタとリオはお留守番。
せっかくなんでラッパの猛特訓だ!
急いで育成しないと街の住民の耳がエライことになる!

様子がおかしかったカナタが倒れる。
顔が火照っているんで発熱でしょう。
ただの熱なハズのに妙に取り乱すリオ。
知的で頼れる存在だと思っていただけにこれは意外。
病で倒れた母親と重なったことでトラウマが発動したのでしょう。
慌てるのも無理はないよね。

慌てて薬を探すがビンは空っぽ。
えぇ!常にストックしておけよ!命に関わるものなんだからさー。
偏狭の地に住んでて気が緩んじゃったのだろうか。

リオが運んだところは…教会?え、この町には病院ないの?
しかもリオの態度から教会にはあまりいいイメージを持っていないらしい。
これも過去の回想と関係がありそうだ。祈られただけで何も面倒見なかったのかも。
まぁでも今回の場合はちゃんと薬を調合して助かったんだけどね。
この教会は病院も兼ねているのだろうか。

リオは「アメイジング・グレイス」を鼻歌で歌っていた。
一応教会の歌なんだがそれは大丈夫なのかw
その曲はカナタの憧れの喇叭士が吹いていた曲でもあった。
タケミカヅチでアメイジング・グレイスをフルで流し、
カナタに対して自分を卑下するなと説教するのでした。

温かい展開がまだ続きます。終始この雰囲気でいくのだろうか。
伏線をちょいちょい張ってるって事はやがて展開も変わっていくんだろうけど。