チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
・IIDX ID「5131-8727」、LR2ID「011051」
・艦これ:鹿屋基地 提督名「衿夜」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

「 DOG DAYS 」一覧

DOG DAYS 13話の感想

DOG DAYS 第13話(最終回)「約束」

DOG DAYS 13話

DOG DAYS 13話

シンクがフロニャルドに居れる最終日。
こちらでの記憶は無くなり、再召喚も不可能。実質永遠の別れだ。
事情を知ってるリコッタが懸命にそうならない方法を探したが見つからず…。
完全にお葬式モードだ。

エクレールも勇者の再召喚はできないってことを知ってたんだね。

エクレ「リコの様子を見れば誰だって気付くよ…」

確かに!あれじゃ隠してる意味ねー!
ってことはまさか姫様も…。リコッタと仲良しだから気付いているハズ。

シンクは最後の思い出にと、自分の持ち物をいろんな人に渡していた。
ここまでされると明らかに怪しいよね。
リコだけじゃなく、シンクもウソがヘタそうだわ。

そして送還の儀式が遂に行われる。
送還される寸前、ミルヒ姫は「行かないでください!」と意中を告白!
あぁ、やっぱり姫様も気付いていたんだね。
せっかく大好きと告白したのに、掴んでいた手は離れて彼方へ消えた。
姫様の気持ちを思うとやり切れないねぇ。

人間界に戻ってきたシンク、ベッキー久しぶりですね!
まぁでも彼女の恋は実りそうになりですけどね!!
シンクはやはり記憶が欠如していた。
何かがあったということは覚えているようで、完全に消えたわけではない。
お、これはなんかのきっかけで思い出すフラグ?

都合よく手紙がw

そんでリコッタ宛はガレットからの書物にある手紙を発見。
それはなんと再召喚について書かれていた!
おいおいタイミングよすぎだろw
もう最初っから召還に関しては送還や再召喚についても一緒に書いておけよw

さらに再召喚の条件だが、シンクの行動が見事にその条件をクリアしていた!
自分の物を渡しておくだとか、帰ってくるという意思表示をしておくだとか…。
それを聞いてリコッタ達大喜び!これで再召喚の条件は揃った!
シンクもあのワンちゃんを通じて全てを思い出す。
あとは夏休みに帰るだけだね。
そんな爽やかな感じで物語が終わったのでした。

最初から最後までまぁ普通だったなぁという印象が拭えない…。
戦もスポーツなので、緊張感が無かったというか。
もう一つなんか欲しかったね。


DOG DAYS 12話の感想

DOG DAYS 第12話「4つの条件」

DOG DAYS 12話

DOG DAYS 12話

現代世界へ送還する方法は発見したものの、4つの制約があるようだ。
召還されてから16日以内に行うこと、術式は召還者が行うこと、
フロニャルドの物は記憶も含めて持ち帰れないこと、そして二度とフロニャルドに帰って来れないこと。
やはり3つ目と4つ目が気になっていたようだね。
短い間とはいえ、たくさん思い出も作ったし、やはり寂しいだろうな。

それでもシンクは明るく振舞う。
記憶を失うかどうかなんてわかんないし、きっとまた戻れるさ!とポジティブシンキング。
実力どころか、性格までが勇者の鑑みたいな存在だな。
でもミルヒ姫にはナイショねと言ったんで、どこかでは気にしているんだろう。

期限は3日後。
それまでシンクはフロニャルドの世界を楽しく過ごす。
またお姫様とキャッキャウフフというか飼い犬とご主人だ!
うらやましく思うどころか姫が微妙に可哀想だw
あと、レオ閣下が物凄いごろにゃんこしてた。どんなキャラだw

またかシンク

やっぱりお前はまたこんなラッキースケベを発動するのか!
シンクの息子もやっぱり勇者なんだろうな…。
現実世界でもレベッカにあんなことやこんなハプニングを経験してそうだわ。

そしてシンクの送別会。
事情を知ってる者以外はやはり一時的な別れとしか思ってないようだね。
まぁでも次回のラストでバレちゃうんだろうな。


DOG DAYS 11話の感想

DOG DAYS 第11話「夜空に花が舞うように」

DOG DAYS 11話

DOG DAYS 11話

魔物を倒してちゃっちゃと封印して解決。
フロニャルドに再び平和が訪れたのであった。
いや、まぁ大した被害は出ていないのだけども。
そのほうが後味は良いのだが、なんだかなぁ…。

エクレールがシンクを誘って露店巡りとかフラグ立ちまくりですね。
頬を赤らめちゃって完全に落ちてるよこのワンちゃん!
でもエクレはツンデレだからその想いを打ち明けることはないんだろうなぁ。
あと、既にシンクは幼なじみちゃんがいるのでやめておけw

そんな二人の様子を陰から見守るリコッタとユキカゼであった。
いや見守ってないな…ただのストーキングだぜ!!
そういえばこの世界の男女交際はどういう仕組みなんだろうか…。
やっぱり動物みたいに本能的にs(ry

姫様コンサートも開催されて盛り上がりましたとさ。
ほっちゃんの新曲披露ステージとか言わない!
そういえば報せを聞いたリコッタが複雑な表情をしていた。
これは…シンク帰れないフラグ…!


DOG DAYS 10話の感想

DOG DAYS 第10話「勇者と姫と希望の光」

DOG DAYS 10話

DOG DAYS 10話

上空から出現した禍々しい巨大な魔物。
いかにもラスボスっぽい風貌をしていますね。
DOG DAYSもコイツをぶっ倒して終了ってとこかな。

と思ったらこの魔物の正体は、土地神の子供に空から降ってきた剣がぶっ刺さって魔物化しただけという。
えぇー根っからのワルじゃないんかい。てっきり魔王クラスかと思ったわ。
違和感を感じ取ったミルヒ姫はカンが凄いね。

その子を助けるには殺すしかない! → それはダメだきっと他に方法がある!
という王道な展開でまさか…と思ったが、最後まで予想通りでした。
見てて目新しさがないもんでなんだかなぁと思った。
しかもこの1話でアイツ倒しちゃうんですかw
これが聖剣パワーってやつかい。

星詠み?それっておいしいの?と言わんばかりに突進力がすげぇ。
確かにミルヒが刺されてあっ…とは思ったけど、全く心配なかったぜ!
レオン閣下の意見が聞きたい。

サービス旺盛

こんなシリアス回でもサービスシーンはあるのだった。
いつの間に脱げたんだよw


DOG DAYS 9話の感想

DOG DAYS 第9話「グラナ砦攻防戦」

DOG DAYS 9話

DOG DAYS 9話

というわけで絶賛ドンパチ中なんですが
途中、魔法先生ネギまのごとく服がブワァッと消滅するのはサービスですか?
きっとこれはネギ先生のしわざに違いない。

グラナ浮遊砦までやってきたシンク達。
レオン閣下の星詠みによると、ミルヒ姫とシンクが舞闘台で血まみれで倒れていたので
それを回避する為にシンクとエクレール二人で来いと挑発を込めて決闘を申し込む。
しかし、舞闘台にやって来たのはミルヒ姫一人だった!な、なんだってー!!
もう砦から出ちゃえばいいのに。

予言通りになってしまうと焦ったルージュが勝手な行動を取るが失敗。
そして上空に異変が起き、突如魔物らしき化物が現れた!!
この化物が姫やシンクを殺っちゃうのだろうか。
シンクは今壁をよじ登って舞闘台に向かっている。
全員が揃ったとき、厄災が始まってしまうのか。
こいつがラスボスとなるのか?


DOG DAYS 8話の感想

DOG DAYS 第8話「開戦の日」

DOG DAYS 8話

DOG DAYS 8話

いよいよ開戦!民衆は大盛り上がりだ!
ここでの戦はスポーツみたいなもんだからアレだけど
戦争と聞いて喜んでいるのを見るとなんか複雑だなぁ。
まぁ景気はよくなるんだろうけどね。

ミルヒオーレ姫なんてまるでコンサートを開くかのようなノリだ。
ここで歌いだしてもおかしくない空気だぜ。
ほっちゃんの歌を歌いまくれ!!

ビスコッティはどう攻めるのかなーと見てたらシンクはエクレールと一緒に正面突破だ。
シンクを襲った奴らがどうみても世紀末的ザコ集団にしか見えない。
モヒカンでトゲつき肩パットやバギーがあれば完璧だ。ヒャッハー!

レオン閣下は星詠みの予言を回避するために力を尽くしている。
エクセリードとパラディオンを奪うことが最優先事項だ。
そんなわけでビオレ隊が姫を急襲するのだが、姫は影武者でリコッタが変装していた。
レオン閣下の不審を察しての行動…姫さんなかなかやりおるじゃない。

問題なのはこれからどう動くかなんだよな。
星詠みの件を知ってるガレット獅子団領は重苦しい雰囲気になりそう。
というかそれを姫に何故黙っているんだろう。


DOG DAYS 7話の感想

DOG DAYS 第7話「宣戦布告!」

DOG DAYS 7話

DOG DAYS 7話

シンクとお姫様のキャッキャウフフシーンは人によっては猛毒だな。
お花畑でフリスビーで遊んだり、頭をナデナデしたりとリア充の極み!!
一体何人が「シンク爆発しろ!」と叫んだんだろう。
もう結婚しろよお前ら。

ちょっと思ったのはフリスビーの件はぶっちゃけ姫を犬扱いしてたよねw
いや、まぁ確かにワンちゃんなんだけど、あまりにも自然だったもので…。
シンクはそのうち姫様に首輪とかつけるかもしれない。

レオン閣下がビスコッティに対して宣戦布告!
しかも賞金をかなり奮発したのに加え、ガレット獅子団領の宝剣をも報酬として提示した!
閣下がかなり本気である。民衆も大盛り上がりだ!
もちろん、ビスコッティ側もそれらに相応しい報酬を用意しなければならない。
姫はこの戦を受け入れ、こちらも国家の宝剣を差し出す。

国家間のパワーバランスが崩れそうな程の巨額な報酬だ。
姫は私達は負けませんと言って民衆を奮い立たせるが、果たして大丈夫だろうか。
いきなりこんな条件を提示した閣下の動向が気になる。
やはり星詠みの件が関わっているんだろうな。

今度の戦は少しだけ血の匂いがする予感ですよ。


DOG DAYS 6話の感想

DOG DAYS 第6話「星詠みの姫」

DOG DAYS 6話

DOG DAYS 6話

ビスコッティは今日も平和でしたー。
ぐらいしか書くことがねぇ!
あまりの平和っぷりにシンクも自分の世界に帰れないということを忘れていたぐらいだ。
お手伝いしたり、稽古したり、魚釣りしたりとか、もうこの世界になじんでますやん。
あんなデカい魚釣れても全く動じなかったしw

お姫様とのお茶会で、シンクは自分を召還した理由を尋ねる。
異世界を見てたらシンクがアスレチックの大会で活躍している姿を見たからだそうだ。
アスレチックの大会がどうみてもSASUKEだなw
山田はその大会に出ていますか?

シンクはその大会で2位だったけど、その熱意を見込んで選んだそうな。
あんなTシャツ着てるぐらいだから熱意は相当なもんだろう。
それにしても1位は何者なんだろうな。
シンクの師匠にしてライバルとか言ってたけど、何故姿を見せない。
こいつはガレットの勇者として召還されたりしてw

一方、レオン閣下はとても穏やかな様子ではなかった。
姫とシンクが30日以内に必ず死ぬという予言を見てしまったかららしい。
一体何がはじまるんです?


DOG DAYS 5話の感想

DOG DAYS 第5話「激闘!ミオン砦!」

DOG DAYS 5話

DOG DAYS 5話

シンクはただのアスリートだよな?
それがどうしてここまで戦えるんだ。
こ、これが勇者か!グレタガルドでも通用するかもしれん!
ジェノワーズの三馬鹿トリオは強いのか弱いのか分からんw
まぁほっといてもよさそうな感じである。

ブリオッシュと若本ゴドウィン将軍は、将軍の方が若干有利な感じ。
とここで援軍が。なんとレオン閣下が自らやって来た!
ブリオッシュと閣下の間には縁があるようだ。
だけどブリオッシュはあっさり降参。まだ全然戦えそうなのに?わざとらしい…。
それよりブリオッシュの実力はハンパ無いんだな…。

閣下は勝手に行動したジェノワーズやガウルを叱りに来たのだった。
何故シンクまで怒られるw勝手に勝負を受けたからか。
まだこの世界に来てから日も浅いので勘弁してやってくださいよ。
姫がコンサートやることはガウルも知らなかったようなので
全てのボケは三馬鹿から始まったってことか…。

んなわけで解放されたわけだが、このままではコンサートに間に合わない!
とここでシンクがガウルとの戦いで覚えた気の使い方を応用して、足に気を集めて猛ダッシュ!瞬速!アキレス!
さらに気を具現化してサーフボードっぽいものまで作るとは…。
勇者なんでもできすぎだろw だから勇者か!

それにしても姫とのフラグを一気に立てすぎである。
ただでさえ姫は勇者に対して重荷があるのに、一気に落ちるなこりゃ。


DOG DAYS 4話の感想

DOG DAYS 第4話「突撃!姫様奪還戦!!」

DOG DAYS 4話

DOG DAYS 4話

お姫様が誘拐されてえらいこっちゃと思ったが
これも戦の公式ルールの一つなのか。
むしろ勝手に勝負を受けたシンクが責められることにw
戦はエンターテイメントだなこりゃ。

勝負を受けたことにより運営側からも公式戦開始の宣言をする。
シンク、エクレール、リコッタの3人でガレット獅子団領に攻め込む!
リコッタって戦えるのかよw と思ったがドエライ数の砲撃で次々と撃退!
まどマギといい、最近は魔法での一斉射撃が流行っているのだろうか。
・・・本当にこれが安全なの?

さすがに数が多く、苦戦を強いられるシンク達。
若本がぶるぁあああああと参上だ!若本だと勝てる気がしねぇwww
だがそこに助太刀が!
語尾に「~でござる」をつけて喋るその人は、隠密部隊のブリオッシュ・ダルキアンだ!
建物を真っ二つにする程の剣技!つえええええええ!!
瓦礫に潰されても物理ダメージはないんですか?

ブリオッシュのお陰で砦内へ。
ここでシンクVSガウル、エクレールVSジェノワーズの対戦カードが実現。
シンクは普通に階級が上の相手ともやりあえるんだね。
協力があったとはいえ、レオン閣下にも勝ってたし。
現実世界の師範代クラスを召還するとどうなっちゃうんだろう・・・。