チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
IIDX ID「5131-8727」 IIDX28 BISTROVERで引き継ぎ忘れて9th以来のデータが遂に死亡・・・
・プリコネR プレイヤーID「372 206 298」
・原神 UID「805223896」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

「 地球防衛軍6 」一覧

地球防衛軍6 プレイ日記 9(1週目HARD M82~106)

M82「くだんの日†††††††」で再び過去へ戻る。
リング速攻破壊すれば終わるでしょwってことでバイクで近付いたら
なんとリングからニョキニョキと砲台が出てきた!
ちょwww聞いてねーよwww

妨害があるだけでやはりそのまま攻撃を加えることは可能なので
ゴリ押しでリングの制御装置破壊すれば終わり!

M83からまた過去のミッションになるんだけど
プロフェッサーから「歴史をなぞる必要はない。好きなようにやってくれ」と言われるので
文字通りストーム1無双が始まるというお話。
プライマーが地球にやってきて間もなく情報がないハズなのに、
テレポーションシップを次々と撃墜するストーム1にEDF隊員唖然w
いやーこれが異世界転生したなろう主人公の気持ちか。
「あれ?ひょっとしてまたやっちゃった?」の定型文がほしい。

 
この世界線では怪生物サイレンと何度か戦う機会があり、
M96「怪鳥撃滅計画」でサイレンがグラウコスに進化(?)する。
グラウコスは簡単にいえば激おこになったサイレン。
広範囲の炎ブレスがやばい。距離取らないとバーベキューになって死ぬ。

炎といえば個人的にはM101「灼熱地帯」で初登場する超問題児の赤ネイカー!
もうね、何なのコイツ?口の中に弾ブチこんでも全然壊れねぇ!!
その時に持ってたスローターを全弾撃ってやっと倒せるレベル。
1体でもツライのに複数同時に襲われたら目も当てられない。
このマップでは少しずつ釣るという作戦が有効だけど、インフェルノだとどうなってしまうんだ。


地球を救えました

地球防衛軍6の1周目をクリアしたので情報解禁!
公式ガイドラインも9/26から全情報の掲載OKになったので、
堂々とネタバレありの情報を閲覧しておきますw

HARDESTすっ飛ばしてINFERNOを攻略していく予定だけど
ちゃんと動画編集してつべにアップしていこうかなと。
また時間が潰されてしまうけど、環境を新調したAviUtlを試したくてうずうずしてるので仕方ないw

 
スターオーシャン6の体験版をDLした。
まだ遊んでいないけどちょっとした合間にやってみようかなと思います。
こういうとき体験版って便利だよねw

少し前にプレーしたヴァルキリーエリュシオンの体験版が思いのほか微妙そうで購入検討中。
あの中二病くすぐる必殺技の演出があればいいんだけどなぁ。


地球防衛軍6 プレイ日記 8(1週目HARD M62~81)

M64「殿軍」がなかなかの難易度だった。
クモplusやらクルールやらカエルやらがわちゃわちゃいて
それに加えて前哨基地の砲撃が襲ってくる。
クモplusの糸は電撃効果もあって継続的にダメージを受けるのが地味にイタイ。
囲まれたらマジで何もできなくて死ぬ。囲まれない立ち回りが大事だね。

それ以降は割と順調で特に大きく苦戦するミッションは無かったかな。
M75「要塞接近」で前哨基地との決着。
前哨基地はとにかくウザいレーザービーム砲台を速攻壊した方が良い。
大型砲台を除く他の砲撃は蚊みたいなもん。
ここをクリアすると再び3年後の世界となります。
この世界線ではEDFは勝ったのか?

M78「翌日”」ネイカーが初お披露目。
このネイカーが鬱陶しいったらありゃしないんですよ!
火炎放射の火力がアホみたいに高いので、速攻始末しないとあっという間に床ペロ。
口を開けた時が弱点で、弱点狙えばすぐに倒せるけど、逆に倒せなかった時の恐怖が・・・。

M79「狂える世界’」で魚人ことスキュラが初登場。
スキュラはとにかくタフ!HP何万あるんだよ!ってレベルで倒れない。
火力の高いショットガンをお見舞いしようと接近したら毒ガスを噴射されて死んだ。
こいつは接近を許してはいけないタイプの敵だ・・・。
自分の場合は接近されたらすぐに離れつつ「○号弾」等のかんしゃく玉で攻撃。
図体でかいんでダメージが通る通るw
遠距離だったら多重ロックオンつけたMLRAシリーズが良い感じでした。


地球防衛軍6 プレイ日記 7(1週目HARD M55~61)

M55「矛と盾」に出てくる赤色のドローン3が強敵すぎた。
ドローン3は弱点狙ったら簡単に沈んでくれる親切設計の敵だったけど
コイツは弱点部分狙ってもなかなか壊れないし、火力は高すぎるしうざい!

前作や今作にもあった「赤色機」のミッションと同じように
赤色ドローンをちょっとずつ釣りだして戦うのが良い感じ。
レーザーは建物を通過しないということが分かったので
レーザーの予備動作を見たら遮蔽物に隠れればやり過ごせる。
時間をかかるけど撃つ→隠れるの繰り返しで何とかなりました。

 
M56「停戦」・・・うっ・・・頭が・・・。
前作の「停戦」インフェルノでどんだけやり直したことやら・・・。
今作は敵のバリエーションが変わっているけど、ハードなんで金アリはいなかったw
金アリさえいなければこっちのものよ!それでも難しかったけどね。

開幕は目の前のシップ撃破→ドローンを減らす→クルールを始末
→海岸のシップ2隻を撃破→丘に上がって手前のシップから撃破
→湧いてる敵は引き撃ちで対処

前哨基地が攻撃を始める前にどれだけ戦力を減らせるかがクリアの鍵かなぁ。

 
M60「大空洞 調査作戦 下層」は、一つ前と二つ前の上層、中層が簡単すぎたので
このまま平和で終わって欲しいと思ったがそうは問屋が卸さなかったようで。
途中からトラップかのごとく大量に作動する転送装置と敵の群れが大変。
アリはいいけどクモに囲まれると死を覚悟しなきゃならない。
終盤はキングも出てくるしね!
ナパーム系が役に立ちました。
最後の空間にたどり着いたとき、ふと見上げたら何かいた!
正直良い意味でビビッたw

 
そして続きとなるM61「蒼き怪鳥」で、今作の新怪生物サイレンが初登場。
もうね、気分はリオレウスを相手にしてる感じだったわ。
いつの間に地球防衛軍からモンハンをやっていた!?
サイズがバカでかいので遠近感を狂わせる。
基本バッサバッサ飛んでおり、近くにいるようで意外に遠いので、
射程が長い武器を持ってくることをオススメ。

 
今回は苦戦したミッションが多めでした。
それでもファングが手放せないw
Lv10の武器なのに未だに使える。


地球防衛軍6 プレイ日記 6(1週目HARD M45~54)

M46は二回目の「くだんの日」
リングを攻撃して誤作動を起こし、再び過去へ。
記憶を持ったままタイムリープしたということがプロフェッサーからも言及される。
絶望的な未来を回避するため、プライマー共の過去改編を食い止めるんだ!
いやー熱いストーリーですわ。

前作のストーリーをなぞる感じで進むけど
歴史が変わっているのか微妙に敵の配置が異なったりする。
M47「転帰’」でダンゴムシが登場した時とかホント焦った。
ダンゴムシ苦手なんだよ!一気に距離詰められてボッコボコにされるし。
遮蔽物が無いところで囲まれたらまず助からない。

M49「アラネアの山」はかなり苦戦した。
アラネアが鬱陶しい上にダンゴムシも蜂もいるので、アラネアに捕まったらもう死を覚悟した。
というわけでアラネアはファング等の強いスナイパーで始末し
ダンゴムシは建物が密集しているところで戦うようにする。
ある程度片付けたら蜂の巣駆除に向かうという感じ。
アラネアは時間を掛けててでも一匹残らず駆除した方が良いかも。

過去マップでもクルールが出てくるようになるので難易度が上がってる。
クルール対策としては、まずシールドをなるべく足元で黒くさせるようにして
それから頭を高威力の武器でふっ飛ばす!
弾速の速い武器だったらシールド出す前に当てれるらしい。
爆発物もいい感じです。

M54「死の疾走’」で高機動型アンドロイドの登場。
このミッションは新型アンドロイドのお披露目回なのか!
ワイヤーを使ってまるでスパイダーマンや進撃の調査兵団かのごとく飛び回る!
空中にいるときにショットガン当てると凄い勢いできりもみ回転していくのでワロタw
まぁちょこまか動くだけで所詮はアンドロイドなので、
ちゃんと狙って撃ち込めばそんなに苦戦はしなかったかな。

ハード1周目はまぁまぁ順調です。


地球防衛軍6 プレイ日記 5(1週目HARD M34~44)

M37のミッション名が「烈火の大地」ってのを見て軽く戦慄したw
前作のラストの方の激ムズミッションがもう出てくるのか!
さすがに前作と構成は違うけども、それでも苦労したことには違いない。
アンドロイド共が鬱陶しくて仕方ない。

ラストでアンカーが多数降ってくるところで暗転し、そして3年後・・・。
次のミッションM38はM1と同じタイトル「ベース251」
でもよく見るとタイトルに付いてるダガー記号(†)の数が違う。

ここで一つの考察。もし†の数の意味がループした回数であれば
主人公たちはこれが最初のタイムリープではなく、実は何度も戻っている・・・?
一緒にタイムリープしてるプロフェッサーが色々ヒントをくれる。
今作のストーリーやべぇぞ・・・こんなに先が気になるEDFは初めてだわ!

3年後の世界も最初とは微妙に変わっていて、爆弾アンドロイドが出てきたり
最初の方よりは難しくなっている。
M41「訪問者」でリングが登場し、M42「翌日」で一気に文明崩壊。
M43「狂える世界」で初登場の邪神クルール!
なんかもうここらへん絶望感が凄いんだけど。なーーんも建物ないし。

そういえばリングが登場してたった一晩であんなに文明が崩壊するか?
他の隊員たちも何も違和感を感じておらず、まるで以前からこんな状態だったかのよう。
クルール初登場のハズなのに名前を知っているのもおかしい。

というところから導き出せる結論は、過去に戻ったプライマー達がEDFに勝利し、
世界が改編されてしまったということになるんじゃないかと。
M44のプロフェッサーのセリフでプライマーの目的が過去改編ということも明らかにされた。
この世界線でも過去に戻ったということは、
今回もやっぱりストーム1にボコボコにされたってことだなw
ストーム1は宇宙人よりもヤバイ。

 
ストーリーの話ばかりになっちゃったけど、
クリア状況の方はぶっちゃけM37「烈火の大地」がキツかっただけで
あとはサクサクッと進んだので問題なし。
ハードクリアは順調でございます。


地球防衛軍6 プレイ日記 4(1週目HARD M24~33)

なるほど、リングの暴走でプレイヤーは過去に飛んだというわけね。
プライマーの目的が何となく見えてきた。
地球人に敗北した歴史を塗り替えるためだよなきっと。

でも主人公まで過去に飛んできたのはプライマー最大の誤算かもしれない。
まぁリングは「ここ狙ってください!」と言わんばかりに弱点が露出してるんだものw
弱点は克服しておけってナッパやベジータも言ってたのに。

入隊した時に飛んだってことは・・・やっぱり今回の主人公もストーム1?
でもミッション1で新入りって言われたけど・・・あれれ?辻褄が合わないぞ!

 
ミッション攻略について。
M24「光の塔」は難しかった。
テレポーションアンカーの新型「テイルアンカー」が登場するんだけど
弱点部がバリアに守られているせいで近付いて真下から攻撃しないといけないし
近付けばアンカーから湧いた敵を相手にしなければいけないし
正直ジリ貧な状況に陥ったわ。

オンだったら誰かが敵を引きつけて残りのメンバーでアンカーを壊すという作戦が良さそう。
ドローン3はうざいので早めに始末することをオススメ。
アンカーからの湧き速度もそこまで早くないが救いかな。

 
M25「狙撃部隊」も難しかった。
前作にもあったミッションだけど、画面奥から大量のクモが迫ってくるミッション。
ぶっちゃけまともに相手してたら第3波あたりに飲まれて死ぬ。
そこでレンジャーの徹底的な引き撃ち!隊員を引き連れていくと尚良い。

遠距離武器はファング一択。これマジで強い!
カエルは2発で確殺だし、クモの群れにぶっ放すと貫通でまとめて4~5体始末できて気持ちいいw
3回ぐらい失敗したけど、上記のように攻めたら勝てました!

 
M29「擲弾兵」で新型アンドロイド登場。
爆弾を両手に持ちながらピョコピョコ近付いていき、
ためらいもなく自爆して大ダメージを与えてくる厄介者。
大量の集団で迫られるとマジで恐怖なんだけどw
無理に接近戦を挑まずに距離を取って戦えば問題なし。


地球防衛軍6 プレイ日記 3(1週目HARD M14~23)

今作は特にストーリーが気になる!
あんな展開を見せられてしまったらもう先が気になって仕方がない!
そりゃー毎日2時近くまでやってしまうわけだw

というわけでミッション14からビークルやコンバットフレームを要請できるようになったけど
やはりレベル帯が低いビークルは動きが遅すぎるw
前作で高レベルの物に慣れてしまうとあかんですわ。
バルガは今作は出てくるんだろうかw

地球防衛軍6の代表の敵はアンドロイド、これはもう異論は認めない。
ぶっちゃけ黒蟻よりも目立ってる気がするわ。
動きもキモくてボディは硬いし、ぶっちゃけあんまり好きになれない。
でもブッ壊したときの快感はたまらんので、ある意味有能な敵。

レイダーだとスタンコプターで拘束させてからサプレスガンのコンボが強い。
結構長いこと拘束してくれるので、レイダーだとスタンコプターをよく使っちゃうわ。
レンジャーであればジグザグに引き撃ちしながらアサルトを撃つだけで問題ない。
ただ大型アンドロイドは処理がめんどくせーな・・・。
なかなか倒れないし、ビーム乱射してくるし、複数で来られるとジャマ。
プライマーもとんでもない兵器を地球に寄こしやがってw

ちなみにM14からは比較的順調にクリアできた。
ツラかったのはM18「巨船破壊作戦」ぐらいかな?
ドローン2の火力を侮ってはいけない・・・。
なので早めに始末してしまえば大丈夫という感じ。


地球防衛軍6 プレイ日記 2(1週目HARD M3~13)

レンジャーとエアレイダーを半分半分ぐらいでやっております。
知人と一緒にやってるけど、メンバーによって決める感じかな。
基本はレンジャー。

ミッション進めて武器が集まってくると多少はマシになってくるね。
エアレイダーのスタンコプターが正直楽しい。
スタンコプターで拘束させてサプレスガンで爆殺。アンドロイド相手は特に有効。
やはり最難関は初期装備のミッション1ハードなのかもしれないw

ストーリーも先が気になる展開ばかり。
なんか最初の時点で絶望なのに、空が赤くなっちゃった時なんてもう地獄の底ですよ!
ここから地球が助かるとは思えないんだが・・・。

↓M13が選択できるようになったときの俺のリアクション

(゚Д゚) え?

 
それぞれの兵科についての感想。

レンジャー

まずバックパック装備。これが想像以上に便利!!
グレネードやリバーサー等で武器枠を埋めなくてもよくなったのが地味に大きい!
これによりレンジャーの戦略がグッと広がったのは間違いないわ。
セントリーガンをエアレイダーから奪っちゃっていいの?
とちょっと遠慮しちゃうレベル。

立ち回りはやはり変わらない。
伝統の引き撃ち戦法は今作でも有効。
障害物を乗り越えるアクションが追加されたけど、ダッシュ中でもこれやってほしい。
全力で逃げる時にちょっとした段差に引っかかってサンダーされるのはねぇ・・・。
とはいえ、相変わらず使いやすいのには変わりないです。

 
エアレイダー

今作で大きく変わった兵科。
ドローンによる攻撃が追加され、新しい戦術が生まれた。
今作は荒廃後の世界ということもあり、EDF側も疲弊して兵器が残っておらず
戦闘機や爆撃機の要請ができないんだよね(全てのマップで不可ではない)
そこで登場したのがこのドローン兵器というわけ。

ドローン兵器の存在で、エアレイダーの操作がだいぶ忙しくなったw
でも手軽さと回転率の速さでレイダーも近接戦闘ができるようになったのが嬉しい。
ドローン要請しまくってるだけで正直楽しいわw

レンジャーのようにバックパックとして装備を+1持っていけるようになったのもヨシ。
単純に前作からかなり強化されたと言えるんじゃないでしょうか。

 
ダイバーとフェンサーはやってないので分かりません。
フェンサーは全く使わないのでむしろ比較すらできないw


地球防衛軍6 プレイ日記 1(1週目HARD M1~2)

わ~れらはほ~へ~い~た~い~♪

というわけでEDF隊員の諸君、お元気でしょうか。
今日も地球は平和です。

地球防衛軍6は5の続編にあたり、前作ラスボスのペプシマンを撃破してからの話。
先の大戦で世界人口は1割にまで減り、プライマー残党が街を闊歩し、復興どころじゃない。
今までのEDFとは違い、ストーリー開始時点で希望がない。
ここからのストーリー展開も非常に楽しみ。

まずは操作設定の変更。
ジャンプは×、ズームはL1、武器切替は△などといった、いつもの俺設定にするんだけど
新要素のバックパックはR1に割り当てた。
FPSで投擲武器はR1であることが多いのでイメージしやすい。

まずはミッション1。いつものチュートリアルミッション。
主人公はベース251にて上官から今の状況の説明を受ける。
今作の主人公は前作の主人公とは別人なんだよね?
世界を救った英雄なんだからみんな知ってそうだけども、この主人公はただの隊員っぽいから。
前作のチュートリアル先輩みたいに食われるシーンがあるんじゃないかとドキドキしたw

ミッション2「不法侵入者」
基地の外に出たらそこは廃墟・・・。うわぁなんだこれ、救いは一体どこにあるのか。
過酷な世界で生きているんだなぁとしみじみ。

そして敵発見!相手はいきなりのコロニスト(カエル)である。
ちょっと待ってよ黒アリじゃないんかい!
ミッション1でカエルはマジできつくないかい?
事実、何回も死んでクリアできなかったんですけど!
初期装備しかないとはいえ、この難しさ・・・やべぇ!

とにかく建物とかを使って攻撃をやり過ごし、決して無理はしないという戦法でいきました。
スナイパーライフルで遠距離から足を狙い、足がもげて行動不能になった所を叩く!
KFF50とグラントM31で攻略しました。
もちろん、レンジャーの基本戦術「引き撃ち」を忘れないように!

 
プレーして思ったことはガレキだらけで移動がしにくい!!
新アクションでちょっとした段差なら飛び越えるけど
引き撃ちはそれが働かないので何度ガレキに阻まれてカエルにブッ殺されたことやら。
そこが何ともなぁと思いました。