チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
・IIDX ID「5131-8727」、LR2ID「011051」
・艦これ:鹿屋基地 提督名「衿夜」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

「 3話 」一覧

ひだまりスケッチ×ハニカム 3話の感想

ひだまりスケッチ×ハニカム 第3話「8月31日 夏休み最後の来訪者/9月1日 おかしもち」

ひだまりスケッチ×ハニカム 3話

台風の日でも楽しむひだまりの皆様が超楽しそう!
なんか知らんけど台風の日って妙にテンション上がるよね!
ニュースのL字がちょっとマジっぽくて焦ったけどw

ゆのっちババ抜き分かりやすすぎ!
そんなに表情に出たら負けるってばよ!

吉野屋先生がブルマ姿でした。
相変わらずツッコミどころ満載だけど、これでいいのです!!


リトルバスターズ! 3話の感想

リトルバスターズ! 第3話「可愛いものは好きだよ、私は」

リトルバスターズ! 3話

「ちょっぴりお茶目な姉御肌」
来ヶ谷唯湖の登場からリトバスへの加入まで。
うむ、リトバスNo.1のバディは目のやり場に困りますな。
理樹君も年頃の少年なんだからw

バトルは真人vs来ヶ谷さん。
真人の武器はあのおもちゃの黒ひげ。
誰だよ持ち込んだヤツはw
まぁ姉御の日本刀レプリカも黒ひげ以上にツッコみたいがな!
黒ひげで殴っちゃいかんの?

何か面白そうだという理由でリトルバスターズのメンバーとなった姉御。
こんだけ高い身体能力を持っていたら100人力だね。
でも恭介は姉御のチート能力をアテにはしないだろうな。
恭介だったら「それはつまらん」と考えるに違いない。

姉御メイン回だけどはるちんも登場した!
おぞましい匂いがする辞書を使わされて涙目w


DOG DAYS 3話の感想

DOG DAYS 第3話「帰りたい!帰れない?勇者inフロニャルド!」

DOG DAYS 3話

DOG DAYS 3話

元の世界に帰れなくて凹む勇者シンクであった。
謝って済む問題ではないぞ!
実は魔法陣に「元の世界には戻れません」という注意書きがあったそうだが
小さすぎて分かるかっつーの!
重要なことを敢えて小さく書くとかまるで詐欺の契約書みたいだな。

やはり責任を感じているのか、元の世界に帰る方法を調べてくれるらしい。
姫の友人であるリコッタが指揮を執って全力で資料をサーチ。
ユーノ君みたいに魔法で一斉検索とかできないのかね。
時空管理局を呼んで解決してもらうんだ!

その間、シンクはこの世界の常識や、戦のルールを教わる。
一見、平和そうなフロニャルドだけど、外には魔物もいるらしい。
エクレールが「お前そんなことも知らんのか」ばっかり言うけど
異世界の住人なんだから仕方ないじゃない!!
そのぐらい察してやれよ。

それにしてもリコッタは思った以上にすげーな。
なんか携帯の電波を使えるようにしちゃったよ!
5歳でその装置を作ったとかで「えぇ!?」と思ったけど、そういえばビスコッティ人は犬人間か。
実際の人間と成長はイコールなのだろうか。

姫のお風呂

お風呂シーン出た!
シンクのラッキースケベが発動した!やっぱりこいつは勇者じゃなくて大魔王。
お姫様のハダカを見ちゃうとか極刑モノだなw


シュタインズ・ゲート 3話の感想

シュタインズ・ゲート 第3話「並列過程のパラノイア」

シュタインズ・ゲート 3話

シュタインズ・ゲート 3話

オカリンと紅莉栖はなんだかんだで息合ってるなぁ。
こんな厨二病野郎はスルーすりゃいいのに、反応しちゃうからオカリンもノっちゃうんだよ。
ダルとまゆしぃがまさにそうだから、今のオカリンは楽しいんだよ。
「変態!変態!」と罵り合う二人は見ててどこかほほえましい。

電話レンジ(仮)を調べる為に晴れて未来ガジェット研究所のメンバーとなった紅莉栖。
オカリンがセクハラを不問にすることが条件だと言ってたけど
結局セクハラだって認めちゃうのかよw
まゆしぃは女の子のメンバーが増えて嬉しそうだった。
あぁ、まゆしぃはかわいいなぁ…本当にかわいいなぁ。

電話レンジ(仮)でまたもや謎現象。
まゆりが途中でレンジを開けたら激しい放電現象が起こり
ダルが飛ばしたメールが過去に届いた。
前回の房に戻ったバナナといい、これらから導き出される答えは…。

タイムマシンだッ!

「この電話レンジ(仮)は・・・タイムマシンだ!!」

Ω ΩΩ>ナ、ナンダッテー!!

それからは原理解明の為に動き出す。
紅莉栖のタイムトラベル講演の中に、マイクロブラックホールを使った理論があったが
SERN(欧州原子核研究機構)がマイクロブラックホールの生成実験をしていることをダルが思い出す。
そんなわけでオカリンはダルに「SERNをハッキングしろ!」と指示を出す。
オカリンの厨二妄想はエスカレートしすぎだぜ。ダルもドン引きだ。
ただの研究機構であるSERNを勝手に悪の秘密結社にするなw

だけどSERNから得られた情報は予想外のものだった。
「Zプログラム」という謎の単語、そして実験により人が死んだという報告
オカリンの一人相撲が、思わぬ方向へ向かっていった…。


俺たちに翼はない 3話の感想

俺たちに翼はない 第3話「小鳩さんは可愛いなあ」

冒頭からいろんな意味でぱねえええ!!
水泳大会でとにかく女の子という女の子が脱がされまくる。

わっふるわっふる!

えぇいジャマだ!その黄色いヤツ!

これはアレですか?2話から続く、あからさまなサービスシーンってやつですか?
お色気度は2話からパワーアップしてるけどね!
DJコンドルもイキなことしてくれるじゃねぇかw
狩男は前回以上にハッスルしているのかもしれない。

俺たちに翼はない 3話

俺たちに翼はない 3話

それはおいといて本編。
まず鷲介編では、鷲介がアレキサンダーでバイトを始める。
紀奈子が受験で休止し、代わりに入ってきた日和子が指導役に抜擢されるのだが、
ブ厚いマニュアルだけを渡して「覚えろ」とかムチャだろw
冷たい態度を取ってるけど、本をほめてくれた事に関しては素直に嬉しいようだ。
でも鷲介はまだ読んでないんですけどね!
ボロを出す前に早く読み終わらないとフラグが折れちゃう!

隼人編では、鳴の自転車捜索の途中、自称自警団・柳木原フレイムバーズ(YFB)の連中と遭遇。
LR2001のラップ調会話が何気にうめぇw
隼人は終始めんどくさそうな態度をしていた。まぁこんな連中だからなぁ。
んでYFBと別れた後は鳴を送るんだけど、鳴のちょっとしたイタズラによりフラグが…!
「ククク…計画通り!」とか思っているのかもしれない。
それでも鳴はかわいいなぁ。

その後、YFBとR-ウィングの抗争を目撃する隼人。
R-ウィングは、高架下でパーカッションを叩く針生蔵人を崇拝しているようだけど
蔵人自身はどうでもよさそうだった。一方的に教祖サマにされているだけかw

裏の顔の鳳翔が登場し、何やら因縁がありそうな蔵人と衝突寸前。
R-ウィングのヤツに銃で撃たれてもピンピンしてる翔すげー。
本当はメッチャ痛いクセにね。これが究極の厨二病だ!
隼人が間に割って入り、ひとまず衝突は防がれた。
この様子だと隼人編がメインで進むのか?隼人の苦難はまだまだ続きそうだ。

「世界が平和でありますように」


日常 3話の感想

日常 第3話

今週笑ったシーン。

日常 3話
「クラスみんなの笑顔が咲いたーーーってかw」

さめすぎwww
「・・・・・・。」

反応冷たすぎクソワロタwww
さっきまでワイワイとなっていた空気はどこいった!
みんな先生嫌いすぎだろw

なにもなかった

さっきのことなんてなかった。

他は腕相撲の話がよかったかな。
往生際が悪いぞゆっこ!
微妙に地獄のミサワを思い出した。


IS<インフィニット・ストラトス> 3話の感想

IS<インフィニット・ストラトス> 第3話「転校生はセカンド幼なじみ」

IS 3話

IS 3話

クラス代表決定戦が明けてまた平凡な日々が訪れた…
…かに思えたが。

セシリアデレすぎw
セシリア「大丈夫ですか!一夏さん!」

誰だお前は。

2話のラストでデレを見せ、これからツンデレお嬢様ポジションに落ち着くのかなと思ったが
ツンデレを通り越してデレデレデーレだよどうなってんの!
階段を3段すっ飛ばしで好感度が上がっていったな。
一夏のフラグ体質のレベルはかなり高いとみた。

というわけで箒とセシリアが一夏を巡って争ってるわけなんですよ。
一夏を気に入っている女子は他にいるので、見た目以上に関係が複雑そうだ。
ハーレムって憧れるけど、やっぱり大変だな…。

そんな中、二組の代表で、中国の代表候補生・鳳鈴音(ファン リンイン)が登場。
最初名前を見たとき、ネギまの「超鈴音」に見えた。
そういえばネギまの方の鈴音は「リンシェン」と発音するのは何故だろう…。
それはともかく、リンは一夏が転校してからの間柄で「セカンド幼なじみ」との事だ。
自分が「ファースト」幼なじみと聞いて嬉しそうにする箒を俺は見逃さなかったぞ!

リンはかなり積極的なタイプだ。
一夏と親しそうにするリンを見て、箒とセシリアが面白くなさそうな顔をしている。
あぁ…まためんどくさそうなことになりそうだ…。案の定リンも一夏にデレている。

リンは約束の意味を勘違いしている一夏に怒った。
「俺の為に毎日酢豚を作ってくれ」と約束したらしいけど、どうみてもこれはプロポーズだろう。
言葉の意味をそのまま受け取っている一夏はホント勉強が足りない。
彼はアスペルガー症候群なんじゃないのか。

今度のクラス代表戦で、負けた方は何でもいう事を聞くという賭けをする。
こ、これは禁書目録の大覇星祭編の当麻と美琴じゃないか!
リンは勝っても負けてもオイシイ思いをするよねw


魔法少女まどか☆マギカ 3話の感想

魔法少女まどか☆マギカ 第3話「もう何も怖くない」

魔法少女まどか☆マギカ 3話

魔法少女まどか☆マギカ 3話

ネタバレを知ってしまったのもあり、陰鬱な気持ちで視聴。
ほんまネットはおっそろしいところやでー。

二人の願い事が決まらないので魔法少女にはまだなれない。
マミは生半可な気持ちでなってほしくない、魔法少女は辛いことだらけと、
念を押して魔法少女になることは相当の覚悟が必要と語る。
キュゥべえに選ばれたから仕方ないといった感じにも聞こえるね。

さやかがお見舞いに行っている病院でグリーフシード発見。
さぁ結界に入りました。問題のシーンはいつ登場するのか…。
魔女はまだ卵の状態で今のところ危険はないとのこと。
危険がないが一番の危険フラグだ!さやか逃げてえええええ!

そんなわけでさぁ魔女登場です。
マミがやる気マンマンだ。道中でまどかに励まされてテンション上がったんだろうね。
この戦いが終われば祝勝だ!そんなちっこい人形みたいなのちゃっちゃとやってください!

魔女をやっつけたと思われたが…突然変形。
物凄い勢いでマミに襲い掛かったッ!

マミにげてええええ

と、とうとうこのシーンがきてしまった…。
魔女はこのあと大きな口を開け…

マミ先輩が・・・

バクンッ!!

マミさんがああああ・・・

変身が解け、落下するマミの陰。
やっぱり首から上の陰がない…。
そして魔女はその陰を追いかけ貪り喰う。

うわぁこりゃあガチでヤバイ…。
さすがの俺もショッキングですよ、人によっては一生モンのトラウマだよ。
可愛いキャラがグロく死ぬのはエルフェンリートでもやってるが、
うめてんてーキャラでやっちまうところがなんとも…。

肉塊

魔女はほむらが倒すんだけど、爆発後に落ちてきた肉塊がグチャッと…。
これってやっぱり…彼女ですか…?

言うまでもなく衝撃的な回だった。あぁ…マミさん…。
道理でまどかとの会話が途中から凄く死亡フラグ臭がしたんだよなぁ。
どうすんだよこんなの見せられたら魔法少女になんかなりたいって言わないでしょ。
「これでも君達に魔法少女になる覚悟はあるのか?」という事を突きつける話かー。
真に恐ろしいのはこんなんなっても眉一つ動かさないキュゥべえだよ!
コイツはやたらと魔法少女になれよと急かすし、怪しさ120%だよ!

脚本の虚淵氏曰く、これ以降毎回やらかすつもりらしいけど、
また主要人物がハンターハンターの如くあっさり死んでいくのだろうか。


お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 3話の感想

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第3話「ライバル出現!兄妹大ピンチ!」

兄好き 3話

兄好き 3話

デートをすることになった修輔と彩葉。
だがあまり乗り気ではない修輔。
まるで罪を償う為に仕方なくやっているかのようだ。

朝から出かけた兄が怪しいと思った奈緒は修輔を尾行。
一番怪しいのはお前だ奈緒。
んで尋乃と春華は兄を尾行中の奈緒を目撃し、面白そうだからと尾行。
今度はAGE探検隊の連中が修輔を目撃し…ry
こいつら大変だな。

彩葉はとにかくベタベタしまくりだ。
秘技あててんのよは男子にとってヤバイ。
映画やショッピングなど、定番のデートコースを行く二人。
あれ、途中から修輔も楽しんでるんじゃん。

奈緒のお陰で何とか別れ際のチューは避けられたものの、修輔は奈緒から拒絶プレイをくらう。
いつも朝起こしに来る愛しの妹が来ない!
奈緒大好きの兄にとってこれは精神的にキツイ。
悶々とする日々を過ごし、とうとう欲求が爆発して元のエロ兄貴に戻ったのでした。
わざわざ深夜のコンビニに行ってエロ本を買いに行くとか行動力があるな。
追いかけて陰から応援する奈緒もどうかとw

翌日の朝の修輔はゲッソリしているがお肌がツヤツヤして何かをやり遂げたような顔をしていた。
AGE探検隊に土下座して戻り、変態兄貴復活!
めでたしめでたし…なのかw


GOSICK 3話の感想

GOSICK 第3話「野兎達は朝陽の下で約束をかわす」

GOSICK 3話

GOSICK 3話

ヴィクトリカちゃんペロペロ(^ω^)
うん、見れば見るほどヴィクトリカが可愛く思えてくるな。

そんなわけで解決編。
どんどん人が殺されて、もう消去法で犯人分かるんじゃねw
とか思ったけど、それじゃつまんないのでマジメに考えていこう。
ヴィクトリカの動きが止まった時がサインだ。
彼女の動きをよーく観察すると面白い。

一弥がますます頼もしくなっていくなー。
そりゃーヴィクトリカちゃんのハートもズッキュンしちゃうわ。
しかしどうして彼女は無理して気丈に振舞っているんだろう。
なんかのプライドが働いているのだろうか。

ほー犯人はソイツだったのか。
あのクセだけで疑ってもいいのかって思った部分はあるが…。
あの金髪の兄ちゃんが全ての元凶だよね。もちろん、犯人の動機は復讐だ。
犯人がした事よりもずっとエグイわ。普通にバトルロワイヤルじゃないか。

なんにせよ、この事件がきっかけで一弥とヴィクトリカの仲が深まった。
図書館でチュッチュしまくれるじゃん!
あーあとあの金髪ドリルリーゼント警部はヴィクトリカの腹違いの兄だったのね。
結構複雑な家庭の事情を抱えていたわ…。