チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
・IIDX ID「5131-8727」、LR2ID「011051」
・艦これ:鹿屋基地 提督名「衿夜」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

「 7話 」一覧

DOG DAYS 7話の感想

DOG DAYS 第7話「宣戦布告!」

DOG DAYS 7話

DOG DAYS 7話

シンクとお姫様のキャッキャウフフシーンは人によっては猛毒だな。
お花畑でフリスビーで遊んだり、頭をナデナデしたりとリア充の極み!!
一体何人が「シンク爆発しろ!」と叫んだんだろう。
もう結婚しろよお前ら。

ちょっと思ったのはフリスビーの件はぶっちゃけ姫を犬扱いしてたよねw
いや、まぁ確かにワンちゃんなんだけど、あまりにも自然だったもので…。
シンクはそのうち姫様に首輪とかつけるかもしれない。

レオン閣下がビスコッティに対して宣戦布告!
しかも賞金をかなり奮発したのに加え、ガレット獅子団領の宝剣をも報酬として提示した!
閣下がかなり本気である。民衆も大盛り上がりだ!
もちろん、ビスコッティ側もそれらに相応しい報酬を用意しなければならない。
姫はこの戦を受け入れ、こちらも国家の宝剣を差し出す。

国家間のパワーバランスが崩れそうな程の巨額な報酬だ。
姫は私達は負けませんと言って民衆を奮い立たせるが、果たして大丈夫だろうか。
いきなりこんな条件を提示した閣下の動向が気になる。
やはり星詠みの件が関わっているんだろうな。

今度の戦は少しだけ血の匂いがする予感ですよ。


シュタインズ・ゲート 7話の感想

シュタインズ・ゲート 第7話「断層のダイバージェンス」

シュタインズ・ゲート 7話

シュタインズ・ゲート 7話

萌郁がラボメンに加わった。
ほとんど喋らないけどメールだと饒舌になり
IBN5100のことになると無駄にアクティブになる。
一体彼女がなんの役に立つんだ…。

電話レンジ(仮)も改良を重ね、Dメール実験も問題なし。
そして岡部倫太郎は遂に「過去を変える実験」を行うことにする。
いいのか?そこまでやっちゃっていいのか?
紅莉栖はタイムパラドックスが起きたらどうするのかを心配する。
オカリンはあくまでも実験だからそこまで影響がないものにするらしい。

んで思いついたのが宝くじ作戦。
当せん番号が書かれたメールを過去に送るというものだ。
それって十分影響があるような気がするんだがw

緊張が周りを支配する中、オカリンは遂にDメールを送った!
その瞬間、オカリンは激しい頭痛に襲われ、幾何学的な模様が頭の中を駆け巡った。
気が付いた時には元の状態に戻っていた。
実験はどうやら成功らしい。ルカ子がメールに書かれている番号の宝くじを持っていた!
まぁ番号を間違えて結局パァですがw

しかし、オカリンは奇妙な違和感に気付く。
周りはまだDメールの実験を行ってないというのだ。
微妙に噛み合わない会話…オカリンは気付く、世界が改変され、
ジョン・タイターの言う「違う世界線」に移動してしまったことが!

一番不可解なのはオカリンが改変前の世界のことを覚えているという点に尽きた。
ジョン・タイターに連絡を取るが、彼からはとんでもない返事が。

「キョーマ、君に救世主になってほしい」

自称、狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真…世界を託されるの巻。
彼は一体どうするのか。


俺たちに翼はない 7話の感想

俺たちに翼はない 第7話「栄えある王の凱旋だ!」

俺たちに翼はない 7話

俺たちに翼はない 7話

面白すぎて腹が痛いwww
とんでもねぇ…とんでもねぇ人格だよ伊丹伽楼羅!
さすがグレタガルドの王!もうやりたい放題でカオスすぎるぜ!
夢テレビにも干渉するとかぱねぇ!栄えある王の凱旋であるぞ!
ちなみに今回の脚本はなんと王雀孫が担当!やはり原作者だけあって濃厚だぜ…。

翔は伽楼羅と面識があり、しかも一番気に入っている人格だ。
王の帰還に翔のテンションだだ上がり!
YFBとRウィングの路上クリスマスパーティーは本当にメチャクチャしてた。
YFBの連中は伽楼羅のことを知らず、隼人だと思って接していたが
キャラの違いにみな戸惑いを覚える。

LRさんマジリアクションw

いつもラップ調で喋るLRさんが素に戻ってワロタwww

射精がしたい!

伽楼羅「射精がしたい!」

もうそのまま逮捕されてしまえよ!
グレタガルドにはオ○ニーというのがないんですか?
ただのセクハラ大王じゃねーかw

ハリューやらいろいろ加わってテンションが最高潮に上がり、
ハリュー・クロードが作詞した歌「身長140cmの世界」が熱唱される。

身長140cmの世界

これはひどいw
やっぱりお前ら全員逮捕されてしまえよ!

自宅に戻り、小鳩が出迎える。
小鳩は伽楼羅のことを覚えていたみたいだ。
アバンでも言ってたけど、伽楼羅はかなり以前から存在する人格。
伽楼羅の中では小鳩はプリンセス・ダヴであり、彼の守るべき存在だ。
伽楼羅と小鳩の会話もどこかおかしい。
「結婚を前提に性交させてください」は新しいな!世のカップルの皆さんも使ってみては?

小鳩が突然感情を激しくし、「本当のお兄ちゃん」という言葉が出てくる。
「本当のお兄ちゃん」だって?羽田鷹志が小鳩の兄ではないのか?
どうやらまだ人格がいるらしい。そしてその彼が基本人格なのかもしれない。

そして伽楼羅は小鳩を守る為に再び意識の奥底へ沈んだのだった。
彼はこれで退場なのですか?かなり面白いヤツだったのでまた出てきて欲しいところだわw


IS<インフィニット・ストラトス> 7話の感想

IS<インフィニット・ストラトス> 第7話「ブルー・デイズ/レッド・スイッチ」

IS 7話

IS 7話

学園内では「今度の対抗戦で優勝したら一夏という付き合える」という噂で持ちきりだった。
箒のセリフからどうしてそうなった!
そして一夏を狙ってる女性多すぎ。
まぁウジウジしている箒よりよっぽどこのモブ達の方が付き合える可能性があるわ。

対抗戦に向けての特訓で、セシリアと鈴がいがみ合う。
とそこにラウラが乱入。いきなり二人を攻撃し始めた。
おいおいお前が恨みを抱いているのは一夏だろう?なぜセシリア達をも狙うんだ?
ザコ共め遊んでやるぜって言いたいのか?そうだとしたらイヤなヤツだな。

だがその自信を裏付けるだけの実力があった。強い、強いねぇ。
あの変なバリアが特に厄介そうだ。鈴とは特に相性が悪い。
ラウラのやり過ぎで一夏やシャルまで参戦することに。
でも最終的に止めたのは千冬姉。
ちょw生身でISの攻撃止めるなw
あのデカイ剣はなんなんだろう。

後半はシャルのターンだ!
またハイパーニヤニヤタイムが始まるのですね?

シャルは可愛い

一夏がごく自然に「かわいいよ」とか言うもんだからもう全力でデレですよ。
本当に罪作りな男だな。そういう言葉をむやみに女の子に向けて言うんじゃねぇ!
だからいらんフラグを乱立させちゃうんですよ。
うらやましい・・・。

男女が一緒に着替えるわけにもいかないので、部屋を出ようとする一夏。
しかしシャルはテレながら「別に気にしないから…」とワンダーランドなセリフを吐いてくる。

IS7話 2
一夏「じゃあ、お互いに背中を向けて着替えようか」

バカ!洗面所とかに行けよw

というか箒と一緒の部屋のときに使ってたあのつい立てでいいじゃねーか!
お前なにシャルと一緒に着替えようとしてんだよちょっとそこになおれよ。
ちょっと考えればすぐに思いつくだろうがコンチクショウ。
しかもこのあとラッキースケベを発動させるし、もうこの新婚夫婦を誰かなんとかして。
さすがの俺も壁殴り代行を呼んでしまいそうだ。


魔法少女まどか☆マギカ 7話の感想

魔法少女まどか☆マギカ 第7話「本当の気持ちと向き合えますか?」

魔法少女まどか☆マギカ 7話

魔法少女まどか☆マギカ 7話

魔法少女の身体の変化にさやかもお怒りだ。
でもキュゥべえは「その方が都合がいいからいいじゃないか」と、とても軽い感じだ。
んで、実際に腹を槍に貫かれた時の痛みを味わさせるとかなにこの生物。
そういうのは一瞬だけにしろよw 普通にトークを続けてんじゃねぇw
キュゥべえにはもはや何言っても通じないわ。人間とは違う価値観を持っている。
だけどさやかの考え方は甘いということには共感できるわ。

杏子がさやかを呼び出して自分が魔法少女になったいきさつを語る。
彼女もさやかと同じで他の人の為に願いを使ったようだね。
だが杏子は余計なお世話とされて逆に不幸になってしまった。
しかもその相手が自分の父親だからショックは計り知れないだろう。
よって杏子は魔法は自分の為にしか使わないと決めた。

この話を聞いてイヤな予感が…。
もしかしたらさやかのした事はやはりお節介として処理されてしまうのか!
気になりながら見ていたら、まためんどくさそうなシーンが…。
仁美は上條君を好きだと打ち明け、さやかに確認を取った。

さやかは上條君が好きだが、もう魔法少女になってしまったので彼の傍にはいられない。
そして仁美が上條君と接近しようとしている。もしかしたら二人は付き合ってしまうかもしれない。
そんな悔しさがさやかを苦しめた。魔法少女になった事を少しでも後悔してしまった。
もうこれ以上さやかを苦しめないでくれ!

そして魔女戦。

さやかが壊れた・・・

さやかがとうとう壊れてしまった…。
笑いながら魔女をメッタ斬りにするシーンとか見ててツライです><
もう、後戻りはできないんだよ。


お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 7話の感想

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第7話「兄たちのAKIBA」

兄好き 7話

兄好き 7話

彩葉は修輔の自家発電の頻度が少なくなってるのを見て怪しむ。
というか自家発電の回数までチェックされてるとか地獄すぎるw
彩葉は修輔がそんな行為に及んでいる間は何をしてるんだろう…。
やっぱり修輔に感化されて彩葉自身も…(続きはコミケで!)

理由はAGE探検隊のAKIBA散策の為だった。
秋葉原にはあんなモノやこんなモノがたくさん眠っている!
その為に彼らは溜めに溜めておいたのだ(何を)
そして当然のごとく修輔をストーキングする奈緒と彩葉であった…。

萌え属性は十人十色。
AGE探検隊のメンバーも人によってそれぞれの萌え属性があるようだ。
それぞれ人妻、妹、幼なじみって割りと普通だね。
修輔はスカトロ属性にされていてカワイソスwww
今は黒パンスト好きって普通に告白すればいいのに。

それぞれのジャンルを熱く語っていくうちに反発が起こる。
オタク同士のトークにおいて、相手の萌え属性を貶すことはタブーなのに…。
お前たちはみんな萌えを語る資格なんてないッ!!
修輔は中立の立場でこの中じゃ一番まともだな。
そんな変態トークを聞いていてもドン引きしない奈緒は鉄壁の心臓だわ。

初心に返って和解するAGE探検隊だけど、それはメイド喫茶のおかげじゃないのかw
というかまるで水商売みたいなメイド喫茶だな…。
500円でメイドさんとゲームができるあのメイド喫茶はまだあるのだろうか。

宣伝乙

今回は他アニメの看板が多かったw
アキバが登場するアニメは高確率でこういう宣伝が入ってる気がする。


みつどもえ 増量中! 7話の感想

みつどもえ 増量中! 第7話「みそじもえ?」

みつどもえ増量中! 7話

みつどもえ増量中! 7話

つい最近クリスマスネタをやったハズなのにまたクリスマスだ。
杉崎が弟の為にサンタさんからのクリスマスプレゼントをあげる企画を立てるが
サンタさん役のチョイスで既に失敗しか見えない。
現にバレバレである。というか正体を隠す気はないのか。
オイシイところは千葉が持っていきました。

宮下がひとはに構ってもらおうと必死になる話だ!
何かと不遇な扱いの宮下さん。
いやー基本的にいい人なんだけど、KYだったりプライドがなかったり…。
親切の押し付けはウザイってことを分かってもらう必要がある。
だから宮なんとかさんって呼ばれちゃうんだよ!

矢部っちが風邪で休み、代わりに海江田先生が6-3の担任を務める。
入ったと同時に「あ、三十路」だの「いつ結婚するの」だの、
海江田先生(29)のハートをえぐりまくりだ。
6-3の担任が矢部っちでよかった。海江田先生だったらストレスで今頃入院してるな。

この変態学級と言ってたけど、海江田先生自身も十分にアレな人である。
ケッコンガーケッコンガーとやかましいw
実際の29才女性も結婚を気にしているお年頃なのだろうか。
ちなみに俺は今年29だけど、全く気にしていないぞ。

季節は変わってなぜか夏に。
プール掃除の話はもういろいろとみっちゃんが強すぎた。
そこまで雌豚か!!

来週で最後なんだよな…なんて早さだ…。
ギャグとしてはダントツで面白いのにもったいない。


GOSICK 7話の感想

GOSICK 第7話「夏至祭に神託はくだされる」

GOSICK 7話

GOSICK 7話

だんだんと一弥にイラッとくるようになってきたのですが正常でしょうか?
ヴィクトリカの友達というより周りをチョロチョロする取り巻きだ。
話し相手になれるならば一弥じゃなくてもいいような気がしてきたw

コルデリアの無罪を証明する為に動くヴィクトリカだけど
それよりも村の住人の方が面白かったんだが。
この村は変顔大会でもやっているのか。
もちろん優勝はあの村長だなwww

ヴィクトリカちゃんのお風呂シーンキタコレ!
かわいいのは言うまでもないんだけど、
こんなにうれしがるなんてどんだけ風呂入ってなかったんだろう。
んで一弥はそんなヴィクトリカをクンカクンカスーハースーハーしてたんですね。
これが黒い死神か…。

ホロヴィッツの夏至祭で文句垂れた男たちが殺される。
ハリボテに入れられたヤツなんていつ入れ替わったんだよ。
犯人は趣味悪いな。


とある魔術の禁書目録II 7話の感想

とある魔術の禁書目録II 第7話「座標移動(ムーブポイント)」

とある魔術の禁書目録II 7話

とある魔術の禁書目録II 7話

黒子と淡希のテレポーター同士のバトル!
あっち行ったりこっち行ったりで忙しい。
淡希は過去のトラウマによって自分自身をテレポートすることはできないが
物体を巧みに配置することによって攻撃を加えている。
能力者同士のバトルは難しい。

ケガの影響もあって不覚を取った黒子。
淡希は自分が有利と知ると何故か内情をペラペラと語り出す。
禁書の人物は基本的にお喋り好きなので問題ない。
死亡フラグって言葉は知らなくてもいいんだよ。

ミサカネットワークを通じて今回の騒動を察知したミサカ10032号が動く!
シスターズ達が一斉奮起する良いシーンなんだけど、
これ見てマサル会議を連想したのは俺だけでいい。
打ち止めを通じて一方通行の耳にも入った。
「チッ…」は一方通行がなんだかんだで動く合図だ!

そしてミサカ10032号は当麻に助けを求めた。いよいよ我らの上条さんが動くー!
当麻が動く先に女性アリ。美琴と偶然(笑)遭遇し、黒子のもとへ!
この頃から美琴は間違いなくビチョ濡れ状態だ。

淡希は黒子を追い詰めたつもりが逆に説得されて精神が不安定になっていた。
発狂した淡希によってピンチの黒子に美琴のレールガンが!
落下する瓦礫に跳び移って駆け上る上条さんマジ人間やめてる。
それよくあるシーンだけど普通の高校生にはできねーよw
原作だとレールガンでぶっ壊した瓦礫で出来た山を上って行くハズだったが…。
華麗に黒子を救出した当麻カッコよすぎるだろ。
でも黒子のフラグは立ちません…。

あとは逃げ出した淡希を倒すだけだが、淡希の前に現れたのは一方通行!!
アクセラレータさんマジ容赦無い。
淡希の顔面に情け無用のグーパン。あれ絶対死んでるだろ…高さもあったし。
あぁ…あわきんの顔がえれぇ事に…。
実はあわきんは容姿だけで見るとベスト3に入るほど好きなんだよ。
さすがは10000体以上のシスターズをブッ殺してきた一方通行さんやで…。

そんなわけで残骸事件解決。
禁書2期では多分もうあわきんの出番はないだろうな。


もっとTo LOVEる 7話の感想

もっとTo LOVEる 第7話「闇の診療所/敵対心/おかしな春菜ちゃん」

もっとTo LOVEる 7話

もっとTo LOVEる 7話

図書室にて、ヤミの様子がおかしいと思ったら熱があった。
おぶって保健室へ行くも、御門先生はお休みで誰もいない。
休みはいいけど代わりの保険医はこの学校にいないのかよ。
さすが変態が校長を務めている彩南高校だけのことはある。

んで御門先生の家まで行ったら、寝起きらしく下着姿で出てきてリト真っ赤。
まさか寝起きの時は毎回その格好で対応してるの?
地球の常識に従えよw

ヤミを診察する為に服を脱がすのだが、それをリトに手伝わせようとしている。
そばにララがいるじゃん!ララにやらせればいいじゃん!
御門先生どう見てもリトをからかっているな。
でもリトからすれば冗談じゃない。ヘタすりゃブッ殺されるリアルで。
宇宙ジョークは重いぜ!

マジカルキョーコにルンが出演するというお話。
災難な役割が多いルンにいい話が!
キョーコが初めて心を許せる友達になったかもしれない。
しかもキョーコは地球人と異星人のハーフと聞いて、仲間意識も芽生えたハズ。
末永く仲良くして欲しいもんですわ。
そして校長のセクハラだけど、あれは明らかに度が過ぎているぞw

3つ目は春菜ちゃんが何故か明るい性格になっているという話。
この時点でこれは春菜ではないってことに気付こうよリト!
お前もうどんだけこの手のトラブルに巻き込まれたと思ってんだ!
やはり恋に鈍感なヤツは察しも悪いのだろうか。
それよりみんな胸揉みすぎだぜ…。

春菜に告白されて人生のハッピーエンドを果たしたかに見えたリトだが、
実はお静が春菜に憑依してたというオチ。
犬から逃げ回った不意に憑依したなら分かるけど、
犬が去った時点で出て行けばいいじゃねーかw
憑依して30分は経たないと出れないとかそんな制約でもあんの?フュージョンなの?
ツッコミ力が鍛えられるアニメである。