チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
・IIDX ID「5131-8727」、LR2ID「011051」
・艦これ:鹿屋基地 提督名「衿夜」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

GOSICK 5話の感想

GOSICK 第5話「廃倉庫には謎の幽霊がいる」

GOSICK 5話

GOSICK 5話

一弥の「ヴィクトリカー!ヴィクトリカー!」ばっか聞いてたような気がする。
アナタはヴィクトリカのワンちゃんですか。
ある意味では間違ってないよね!
でもお菓子で釣ると主従関係が逆転しそうだ。

そんなわけで解決編。
アブリルがアヤシイとは思っていたけど、やっぱり怪しかった。
実はこのアブリルはニセモノで、かつてこの街で活動していた怪盗クィアランの二代目だ。
探していた本の中には絵葉書が入っており、その切手がお宝になるという。
怪盗なんだからもっと華麗に盗めよ・・・。何度も図書館をウロチョロしていてなんか情けなく感じるw
廃倉庫で一弥を襲ったのもアブリルだった。怪盗というよりただのコソ泥だな。

廃倉庫の幽霊騒動は、実はホンモノのアブリルがそこに監禁されていた。
あー本物のアブリルは可愛かった。助けてくれたヒーローって事でいきなりフラグが立ちそうだ。
これは・・・ヴィクトリカ嫉妬フラグですねわかります!
金髪の妖精から金髪の鬼になっちまう!

クィアランはヴィクトリカの本アタックで倒した。
確かに本は重量があって意外といい武器になるかもしれないけど、
あっけなくやられるクィアランはやっぱりただのコソ泥だなーと思った。
怪盗らしいところあったっけ?