チラシの裏(告知欄)

・2006年6月~2008年10月のログは未だ段落分け未修正
・PSNetworkID、ニンテンドーネットワークID「cing-elijah」
・IIDX ID「5131-8727」、LR2ID「011051」
・艦これ:鹿屋基地 提督名「衿夜」
自分用の発売日メモ

アクセスカウンター

 合計:カウンタ
 今日:今日のアクセス数
 昨日:昨日のアクセス数

家庭用9thインターネットランキングBeat#2終了

というワケで家庭用9thの第2回ネットランキングが終了。
なんつーか後半はDJMAXばっかやっててIIDXの方はほとんど手を付けなかった…。
まだまだ記録が伸びるトコあったのに…くそーーDJMAXめ(笑)
最終的な結果としては、俺は愛知県で36人中23位だった。全国だとトップ100しか分からないし、俺が入ってるワケないので順位は解らず…申し訳ない…。
さて、ネットランキングも終わった事だし、再び練習に励むかぁと言いたいトコだが、DJMAXの所為でやる気が起こらねぇ…。
家庭用の10thが出るまではひょっとしてしばらく封印してしまうかもしれん…あ、でもDJMAXで躓いたらまたやる気が起こるかもしれんが…。

ところでどうしよう…「DJMAX」というカテゴリを新たに作ろうかなぁ…。
それともIIDXとDJMAXを一つにまとめるってのもアリだが…どっちも似たようなゲームだし…。
まぁそれはしばらく考えて結論を出すとしよう…DJMAXもまだオープンβテストだからそんなに焦る必要も無い。
なんにせよ、やはり音ゲーは楽しい。もはや俺の人生の一部だ。


やはり運転は楽しい

さて、早速車校の出来事について報告ー。

今回は路上じゃなくて場内でバックと縦列駐車の練習だ。
車を運転する上で必ず身に付けなければならない技術だ。俺的には第一段階からやってもいいと思うんだが…。
さて、バックでコース上に設置されたポールに囲まれた車庫に入れるんだが、まずは教官がお手本を見せた。
さすがは自動車学校の教官である。正確無比なバック駐車…左右の間隔も車体の向きもほぼ完璧だ。
バック駐車はコース上2回行うんだが、その次のバック駐車もほぼ完璧だった。おみそれしました~。
2度のバック駐車後、次は縦列駐車コースに。教官曰く、縦列駐車を嫌う人は相当多いだとか…。
そこで教官はここの自動車学校的縦列駐車テクニックというのを教えてくれた。
…がしかし、口で説明するのは困難だし、図に書いて説明するのもめんどくさい…まぁそういうのがあるんだよとだけ理解して下さい。
縦列駐車を抜け、そして発着所へ帰還。交代となった。

まずはコース通りに進み、しばらくしてからバック駐車地帯へ。
とりあえず教えてもらったコツを参考にやってみた…慎重に、慎重に進んでいく…。
1回目…なんとか成功したが、やや左側の感覚が狭い。まぁドアを開けれる程の間隔はあるのでまぁいいでしょう。
2回目…逆向きでのバック駐車だが、こっちはOKだった。車体の向きがやや斜めってるがまぁ気にしない。
さて、次は縦列駐車だ。コツが書かれた紙を見ながらその通りに実行してみる。
するとアラ不思議だ!すんなり出来てしまったではありませんか~!難解な縦列駐車をこうもあっさり出来てしまうだなんて少し拍子抜けだぜ。
縦列駐車後は発着所へ。一旦車を停止し、アドバイスを貰った。

そして再びコースへ。この時はバックも縦列駐車も問題無かった。
なんかスムーズ過ぎたので、教官から「免許本当に持ってないの?」と言われる始末。
それは褒め言葉なのか…俺は正真正銘車の免許なんて持っていません。

今回はなかなか面白かった。ちなみに次回も同じコースだ。
100発100中で出来るようなそんな精度の高い駐車テクニックを身に付けたい。


今週のサンデー(28号)の感想

ガッシュ。清麿はとても少年漫画らしい主人公だな。しかも策士なのに策に溺れない立派なヤツだ。

ジャぱん。おいおい…一瞬マジでびびったぞ!爆発するのは想像ついてたが体ごと爆発するなんて…。

ハヤテのごとく。お嬢様が行く学校って何でこうも一般の学校と規模が違いすぎるんかねぇ…。

ケンイチ。アパチャイの奇妙な冒険。

ブリアク。あーあ、まぁ確かに一つの要素に特化してもダメだもんな…。これからどうなるのか…。

クロザクロ。オーガを超えた存在ってのは実力がインフレし過ぎてるような…。


今週のチャンピオン(29号)の感想

ガキ警察。雷クン思いっきり轢かれてましたが…。痛くねーのかよ。

舞-HiME。舞-Himeの次は舞☆MAIDかよ…。

バキ。結局アライJrは範馬の血に勝てませんでした。やっぱり範馬を倒せるのは範馬しかいねぇ…。そして唐突に現れた渋川先生ワロスwwww

ドールガン。ワルビーの必殺技名は「悪ビーム」。本人は真面目なんだろうけどクソ笑える…。

アクメツ。はい、制裁ターイム!


いつになったらこの忙しさから解放されるんだ

映画版「電車男」がいつの間にか上映されてるようで…。
まぁ電車男なんて今さらって感じがするが、実写版だと爆撃の様子とか2chに書き込んでる様子とかがどういう風に描写されるのか少し気になる俺ガイル。
ちょっくらネタ作りの為に近いうちに見に行ってこようかな…最近は仕事だらけでネタ探しどころじゃねーし、車校もなかなか行けれないし…。
やはり電車男を見るヤシのほとんどが2ちゃんねらーなのだろうか…ただ見に行くだけじゃツマラナイので少し実験でもしようかと思う。
そうだな…映画が始まる前に席に座っている時に突然ガタンと立ち上がって「イヤッッホォォォオオォオウ!」と叫んでみたり、チケット売り子のおねーさん(とは限らない)に「それがVIPクオリティ!」と言ってみたり、色々手はあるな。
そして客の反応を見てクスクス笑っているヤツがいたらそいつは間違いなくねらーだッ!!実に簡単な見分け方だぜwww更に真似するヤツがいたらVIPPERだッッ!!
まぁ傍から見ればかなりイタイ奴に思われるが、それが俺クオリティなので気にしない。
ただ恐れているのは目撃者が2chに書き込まないかかどうかだ!身元バレたらこのサイトは閉鎖だwwww

まぁ本当に実行するかどうかは俺のその時の気分次第による。
出来なかったら出来なかったで俺はその程度の漢だったという事だ。
クオリティ高い人間になろう!



自転車で出勤してみますた

運動不足解消と実験も兼ねて、今日は自転車で会社まで出勤してみた。
とりあえず自宅から会社までどのぐらいかかるかある程度の見当は付くが、万が一の事があるかもしれないので、いつもより10分早く家を出た。
正確な時間を計る為、自転車で出発すると共にストップウォッチを作動させておく。
さぁ!旅の始まりだ!!(大袈裟な)

う~ん、やはり自転車はいい!
空気抵抗により俺の顔に当たる空気が涼しい風の役割をし、俺の疲労をほんの僅かだが癒してくれる。
高校、専門時代は自転車通学だったのでそれもあってかさほど苦には感じない。
さらに学校よりも遠い友人の家に一時期は毎週のように自転車で遊びに行っていたのでそれで鍛えられたのだろう。
自転車で30分かかるなんて俺にとっては普通だ。これも日々の賜物のお陰だ。

さて、順調に軽快に飛ばす俺は、15分経った時点で現在地を確認してみた。
どうやら思ったより早く進んでいるようだ…とりあえず遅刻は99.99%無い。
しかし6月に入ったという事もあって結構暑い…。タオルを持って来て正解だったぜ、まぁ着替えはあるワケねーが。
信号待ちを利用して額や頬を伝わる汗を拭い、体温調節の効率化を図る。
身元バレ防止の為どこを走ってるかは言わないが、ヒントを1個だけ晒すと、走って17分後ぐらいにナゴヤドームを通ったなぁ…。

さて、いよいよ会社が見えて来た。近くに地下鉄の駅の駐輪場があるのでそこに停める。
ビル内に入り、俺はここでストップウォッチを確認する。……32分15秒。俺は40分ぐらいで見積もっていたがそれより8分も速い好タイムだ。
そのお陰でかなり早く会社に着いてしまった…ちょっとコンビニへ寄ってジュースを買い、喉を潤す。

自転車通勤いいかもしれない!
自転車通勤は考えた事があったが、定期代が勿体無いのでやめてこうと思ってたが、どうせ俺が払うワケじゃねーからいっか。
自転車通勤おもすれー。これで俺もまた再び昔の健康な肉体を取り戻せる日がやって来る!?

免許取っても自転車は使うぞー!


さぁ…査定の時間だ…

さて、夏の賞与の為の査定の時期がやってきましたよ。
なんか業績が悪いっぽいから今年も期待しないんだが、少しでも額を上げる為にいつも以上にマジメに仕事しますよ。
とりあえず最低でも1ヵ月分はもらいたいね。そんぐらいは貰わないと本当働いてて萎えるからな。
俺の友人が夏の賞与は2.5ヶ月分貰えるという話を聞くとマジで凹むんだよ…_| ̄|○ 軽く30万超えてるじゃねーか!
更に追い討ちのようにその賞与でアレを買うんだコレを買うんだという話を聞かされる…。
まぁ分かる…その気持ちは分かる…実に嬉しかろう。しかし俺は今度貰える賞与は1円たりとも個人的な物には使えない…。
おいおい発表するけど、ある理由の為にお金がいるんだ。その為に全額費やすつもりだから手元には一切残らない。
そういえば去年の冬の賞与も個人的な物に使えなかったなぁ…クソ親父の借金の所為でな。
相変わらず俺はお金にとことん縁が無い…。冬の賞与だって手元に残るかどうかすら怪しい…。
今までは特になんもなくてもいずれ何かしらのトラブルが出てきて俺の経済をブチ壊すからなぁ。本当働いてるのがバカらしくなってくるぜ。
まぁそれでも俺はいずれこういう事は無くなると信じてるからね…無駄にプラス思考の持ち主だ。

とりあえず今は自己評価をつけなきゃ。



俺はサポート業者か(笑)

最近、パソコンに詳しく無い友人達からやたらとパソコンを見てほしいという依頼が来る。
今まではほとんどこんな事は無かったのにある日突然どうしてこんなに増えたんだ?
ハッ…まさかがこれがいわゆるシンクロニシティってヤツなのかッッ!

パソコン系のトラブルは種類があり過ぎて、正直自分で何とかなるかどうかいつも不安に思う。
この前は「何かを印刷しようとするとエラーが出て印刷できない。プリンタが壊れている」というのがあったが、そんなケースに遭遇した事がなかったので何とかなるかどうかは自信がなかった。
しかも一度買った店でプリンタの修理の依頼をしたそうだ…しかし店員からどこにも異常は無いという事を言われたらしい…多分接続関係だと俺は睨んだが。
実際見てみたらやはりプリンタの設定が悪かったらしく、正しい設定にし直す事で事なきをえた。

その他にも別の友人の所でトラブルがあったが、見てみると俺でも解決できそうな事ばかりだった。
なんだかパソコン初心者がやらかすトラブルってのはなんか決まったパターンがあるような気がして来た。
まぁまだ数人しか見ていないのではっきり言って根拠も何もないただの勘だが、ちょっとした操作ミスにより起こるのがほとんどだったので、大抵がその設定を戻すだけで解決できるのだ。
まぁシステムクラッシュ系だったらちと厄介になるが、滅多な事では起こさないだろうと思う。

とりあえず、解決する度に「お礼なんていらないから、決して飯をおごって欲しいだなんて言わないからwwww」わざわざ言う辺りが俺だ!
まぁ相手も俺の性格を分かっているので、「あぁ今度なんかおごるわー」の一言で(σ・∀・)σゲッツ!

相手の心理を突いた巧妙且つ見事な作戦が俺の中でミッションコンプリートだ。